スキルとキャリア

JavaScript案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件

2016年08月23日 スキルとキャリア

JavaScriptが誕生した当時、Webページはとても静的でした。いわゆる、昔の懐かしいホームページのスタイルです。

ただ近年は、様々なアプリ開発をする際にも使用されている、注目を集めるプログラミング言語になっています。今回は、日本でも高い需要が見込まれる、JavaScriptエンジニアのフリーランス案件トレンドについて紹介します。

なお、本記事はフリーランスのエンジニアに案件を紹介するエージェントサービス「ポテパンフリーランス」がお届けしています。

いますぐにフリーランスの案件を探したい!という方はお気軽に下記からお気軽に登録してください。すぐに、ポテパンフリーランスの担当エージェントからメールにてご連絡します。無料登録はこちら

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

そもそもJavaScriptとは

pexels-photo-205316-1

Webページ制作を行う上で欠かせないのが、JavaScriptの存在。

世界で最も広く使われているプログラミング言語で、ウェブブラウザを持つほぼ全てのパーソナル・コンピューターやモバイル端末が対応しています。

JavaScriptは、WebブラウザNetscape Navigatorをリリースしていた、米Netscape Communicationsによって開発されました。

JavaScriptは、200種類以上あるプログラミング言語の一種で、Webページに様々な機能を付加する事ができます。

JavaScriptが誕生した当時、いまと違って、Webページはとても静的でした。閲覧者が文字のサイズを変更したり、クリックでデザインを変えたりするようなアクションやユーザーとの対話性を出すために、JavaScriptは作り出されました。

例えば、[ボタンクリック][マウスオーバー]のようなユーザの動きに応じたWebページ機能を作ることができるのは、JavaScriptならではでしょう。

JavaScriptの3つの特徴とは

pexels-photo-169573-1

初心者でも学び始めやすい

Webサイト制作に携わる人で、一番はじめに触ったことの有るプログラミング言語がJavaScriptの人は多いことでしょう。

JavaScriptは、InternetExprolerやGoogleChromeといったブラウザと、あとはテキストエディタ(メモ帳)さえあれば実際に動かすことが可能です。

そのお手軽さ・Webサイトへ動作を付けられるという仕様から、Webデザイナーの方でも記述する機会のある言語にもなっています。

利用シーンが幅広い

JavaScriptは、Webブラウザ上で実行できる手軽さが魅力のひとつです。以前のブラウザでは、種類によって互換性はほとんどありませんでしたが、現在ではECMAScriptの策定により言語が標準化され、互換性は高くなっています。

Webサイトを動きのあるものにしたり、チャットのようなシステムを作ったり、スマホアプリを作ったり、ゲームを作ったりと広く利用されます。

オブジェクト指向

JavaScriptは、本格的にプログラミングを行う場合、「オブジェクト指向」という考え方が必要になってきます。

オブジェクト指向とは、ソフトウェアの設計や開発において、操作手順よりも操作対象に重点を置く考え方をいい、ソフトウェアを効率的に開発する(プログラムの開発や拡張、保守を楽にする)ために考え出された技術です。

JavaScriptの求人案件トレンド

cup-of-coffee-laptop-office-macbook-89786-1

JavaScriptは、20年近い歴史がある古いプログラミング言語ではありますが、日々進化を遂げ、今日でもWebコンテンツを中心に活躍が期待できる言語です。

Webブラウザ上で動くコンテンツであるJavaScriptは、やはりWebサイト制作の際には存在感を増します。また、最近ではスマホアプリとのハイブリッド化が進んでいます。

スマホやタブレットからアプリとしてダウンロードするものの、アプリ内のコンテンツはJavaScriptで作られており、アプリ内のブラウザ上でコンテンツが表示される仕組みです。クックパッドやAmazonが良い例で、通常のWebブラウザで見ているような感覚でアプリの操作ができます。まだまだ需要が見込める新しい分野です。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

冒頭でもお伝えした通り、JavaScriptは世界で最も広く使われているプログラミング言語で、ウェブブラウザを持つほぼ全てのパーソナル・コンピューターやモバイル端末が対応しています。

つまり、それだけ求人案件も多いということです。誰も必要としない技術を習得しても、もちろん求人案件は少なく、あなたが案件を獲得できる可能性も下がってしまいますよね。また、スマホアプリとのハイブリッド化も今後さらに進むことも案件の増加に繋がるでしょう。

hrogが発表したプログラミング言語別給与ランキングでは、年俸平均で7位、求人数ではJavaとPHPに次いで3位となりました。現段階の給与の高さに加えて、将来のご自身のキャリアと業界の変化を見据えた習得言語の選択をおすすめします。

1
参考記事:http://hrog.net/2015102624991.html

JavaScript求人案件の単価相場は?

pexels-photo-210990-1

それでは、JavaScriptのフリーランス求人案件の単価相場はどれぐらいになるのでしょうか。数々のJavaScriptのフリーランス案件への参画をサポート実績のあるポテパンフリーランスがお答えします。

まず、やはり単価を決める一番の要素はスキルになります。また、そのスキルを測る基準として、実務経験年数を見る企業の採用担当者が採用担当者が多いというのが実情となります。

具体的には、実務経験年数ごとの単価相場は下記のようになります。金額は、週5日常駐案件に参画した場合を想定しています。もちろん、実務経験だけでエンジニアのみなさまのスキルや能力が測れるわけではないので、あくまでも目安となります。

実務未経験(プログラミングスクール卒業したて)

20万円~25万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験半年

25万円~30万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験1年間

30万円~40万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験2年間

40万円~50万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験3年間以上

50万円~60万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験5年間以上

60万円以上/月(週5日勤務の場合)

以上が、JavaScriptのフリーランス案件の単価相場でした。実務経験5年以上の方であれば、年収800万円を超えることも夢ではありません。

JavaScriptの週2~3日常駐案件はあるの?

また、週5日常駐ではなく、週2~3日のみのJavaScript常駐案件も増えてきています。我々もエンジニアの方からの週2~3日常駐案件のニーズの高まりはヒシヒシと感じています。ただ、全てのエンジニアの方に週2~4日常駐案件を獲得できるわけではありません。

企業側も週2~3日常駐案件では、採用基準を高める傾向があるためです。目安としては、JavaScript開発の実務経験3年以上のエンジニアの方から、週2~3日常駐案件を獲得できる可能性が出てきます。

また、JavaScript開発はリモート案件も増えてきています。実務経験が長く、腕に自信のあるエンジニアの方はリモート案件を探してみてもいいかもしれません。

実際のJavaScriptのフリーランス案件をいくつか紹介

pexels-photo-1

それでは、実際にJavaScriptのフリーランス案件がどのようなものか、具体的な案件事例をもとに見ていきましょう。これからJavaScriptのフリーランス案件を探される方は、ぜひ参考にしてみてください。

——————————————–
■案件名
BtoB自社プロダクトの開発案件

■案件内容
・ゲームロジックを用いたWebサービス開発
・最新のサーバーレスアーキテクチャを開発
・最新のフロントエンドのフレームワークが扱える(Vue.jsやfluxなど)
・Webコンポーネント思考・スクラム形式の開発

■単価
~650,000円/月(週5日常駐の場合)

■参画のための必須スキル
・AngularJS,React.js,vue.jsなどのJavascriptフレームワークでの開発経験
・JavaScriptでの開発経験2年以上
・SPA(シングルページアプリケーション)での開発経験
・ES6とSaSSの基礎知識

■作業場所
東京都内
——————————————–
——————————————–
■案件名
金融システム開発案件

■単価
~600,000円/月(週5日常駐の場合)

■参画のための必須スキル
・Java、JavaScript開発経験

■参画のための尚可スキル
・Angular JSを用いた開発経験

■作業場所
東京都内
——————————————–

以上が、JavaScriptのフリーランス案件のイメージ事例となります。また、最新のJavaScriptのフリーランス案件を探してみたい方は、下記にて探してみてください。その中でもしご興味あるJavaScriptのフリーランス案件があれば、お申し込みください。

JavaScript案件一覧

JavaScript案件に強いポテパンフリーランスの紹介

ポテパントップ

さて、いままでJavaScriptのフリーランス案件についてお伝えしてきましたが、最後にポテパンフリーランスの紹介をさせてください。

ポテパンフリーランスは、フリーランスエンジニアに案件のご紹介をする、エージェントサービスです。常駐型案件を多く揃えて、安定した収入を得るお手伝いをすると共に、さまざまな特徴で多くのフリーエンジニアから利用されています。

エンジニアの独立を支える万全なサポート体制

一般的なエージェントでは、サービス利用者1人1人にプロのキャリアコンサルタントがつきます。ポテパンフリーランスではキャリアコンサルタントはもちろん、フリーランス初心者が陥りやすい税・保険関連の悩みまで徹底的にサポートします。

フリーランス案件を多数保有

ポテパンフリーランスでは業界屈指のネットワークを活かし、業界で最大規模のフリーランス案件情報を抱えています。その中から、あなたに最適なフリーランス案件を紹介します。

関東だけでなく大阪、名古屋案件もサポート

フリーエンジニア案件は関東に集まりがちではございますが、大阪、名古屋と案件数が徐々に増えてきております。
現在大阪や名古屋にお住いの方でも案件サポートができるよう案件の幅を広くしてお待ちしております。

案件参画後も続く継続的サポート

ポテパンフリーランスの大きな魅力の1つが継続したサポート体制。通常のエージェントであれば仕事が決まるまでをサポートし、別の仕事を探すのであればまた1から探し直すことになります。

その点、ポテパンフリーランスでは案件参画中からキャリアコンサルタントが定期的に連絡を取り合い、現状をしっかり把握。悩みがあれば改善に努めながら、次の案件探しをサポート。案件と案件の間のブランクを取り除けるよう努めています。

技術に明るいエージェント担当が案件探しをサポート

ポテパンフリーランスのエージェント担当は、自身がエンジニアです。そのため、技術に対して明るく、フリーランスエンジニアがお持ちのスキルや経験、それから今後のエンジニアとしてのキャリアまで、表面的な話ではなく、より深いところまで相談することができます。

「エージェントがまったく技術について明るくなくて、検討違いな案件を紹介される。。。」というのは、よく聞く悩みです。ポテパンフリーランスのエージェント担当には、そんな心配はご無用です。

■キャリアコーディネーターの紹介
宮崎大地
株式会社ポテパン代表取締役社長
過去5年間にわたり、数百名のフリーエンジニア様に案件紹介をしています。自身もエンジニアなので、技術についてもしっかり理解した上で、机上の空論にならないキャリアサポートをモットーとしています。

 

まとめ

JavaScript案件のトレンド、特徴、単価相場について紹介してきました。

近年は様々なアプリ開発をする際にも使用され、Webページ制作を行う上で欠かせないJavaScriptの存在。今後も引き続き注目を集めるプログラミング言語ですので、ぜひ言語を習得して、お仕事を探してみてください。

最後になりましたが、本サイトを運営している「ポテパンフリーランス」は、フリーエンジニアのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたい方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング