フリーエンジニアノウハウ

フリーエンジニアになる方法と最適な独立のタイミングとは

フリーエンジニアになるための敷居が下がってきた昨今、あなたの身の回りでも「独立しました!」という声を聞くことも多くなったのではないでしょうか。

本サイトを運営するポテパンフリーランスは、フリーエンジニアに対して案件やお仕事をご紹介するエージェントサービスで、いままでも多くのエンジニアの独立に携わってきました。

今回は、数多くのエンジニアの独立をサポートしてきた筆者が、独立するのに最適なタイミングフリーエンジニアになるメリットなどをお伝えします。フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

フリーエンジニアとは?

エンジニアのキャリアの一つで、一般的には、正社員ではなく個人事業主となり活動しているエンジニアを指します。
フリーアナウンサーと似たような形で使われてます。
フリーエンジニアの働き方が多様性な点が人気となり、年々数は増加傾向。
収入も正社員と比べるとかなり高く、複数のプロジェクトに携わることができ、場所を選ばず仕事をしている人もいます。

エンジニアの独立に適した年齢とは?

Qiita

-フリーエンジニアデータ-
・ポテパンフリーランス利用者の単価データ<2015年度>

-正社員エンジニアデータ参照-
30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度(リクナビネクスト)
平均年収ランキング2015(DODA)

年収は正社員エンジニアよりもフリーエンジニアの方が遥かに高いです。特に、30代に関しては、フリーエンジニアの方が200万円以上も稼いでいます。

正社員の若手エンジニアは基本的に給料は上がりにくいです。
Sirなどで働いているようであれば5年間で3万円しか上がらないというケースも多くあります。
IT業界においてはフリーランスは当たり前になりつつあります。

正社員として安く確保しておきたいという企業は本当に多いです。
エンジニアの価値は上がっているのに、給与はそのままというのはとても勿体無いことですので、
一番恩恵を受けられる20代のうちからフリーランスになるのがとてもお勧めです。

20代のフリーエンジニアが参考になるような記事もありますので、ぜひこちらもご覧ください。

●20代フリーランスエンジニアは稼げるのか

経験から見たフリーになる良いタイミングとは

フリーエンジニアになれるのはベテランエンジニアのみと思っている方は大間違いです。

最近では、実務経験が半年以上あれば案件を見つけることが可能となっています。しかも、収入は正社員とくらべて非常に高くなることが多くなっています。

ひとつの目安ではありますが、実務経験半年間のフリーエンジニアが週5日間客先常駐案件に参画した場合、30~35万円ほどは毎月稼ぐことができます。

Qiita
正社員時代に給与が30万円前後だったエンジニアが、フリーエンジニアになって月50万円以上もらえるようになることは少なくありません。しかも、トレンド技術を採用しているITベンチャー企業や有名企業のフリーランス案件に参画することも可能です。

また、フリーエンジニアとしての価値は30代をピークに40代以降は下がっていくので、早い時期からフリーエンジニアとして活動を始めると、市場のニーズの恩恵を受ける期間が長くなります。

そのため、フリーエンジニアになるタイミングは、実務経験が半年以上あれば、検討し始めるべきといえるでしょう。

なお、会社を退職する前にやるべきこともまとめてありますので、こちらもご覧ください。

●「会社員時代にやっておけばよかった」とフリーランス1年目が後悔する13のことフリーエンジニアの案件探しならおまかせください

理想的なフリーエンジニアのキャリアパスについて

もし、あなたが20代のエンジニアであれば、20代から30代までをフリーエンジニアとして高収入を実現しながら自分のサービスを考えたり人脈を築き、そして40代以降はそのアイディアと人脈を活かし、自分でもビジネスを仕掛けて稼げるようになるのが、ベストプラクティスのひとつだといえます。

フリーエンジニアは副業も自由です。
高収入をもらいながら、制限のない生活を送るために、どんどん技術を磨くことをお勧めします。
トレンド技術には積極的に関わり、エンジニアとしての価値を高めることで自由の幅が広がっていきます。

「ITエンジニアの理想的なキャリアパスについて」でより細かくまとめてますので、よろしければこちらもご覧ください。

正社員に比べて、フリーエンジニアが魅力な点

まず、正社員エンジニアが感じている不満について整理してみます。ポイントは3点です。
・給料が上がりにくい
・技術者思いの環境でない
・残業が激しい

給料が上がりにくい、技術者が気持ちよく働ける環境でない、プロジェクトスケジュールが無茶苦茶で残業が激しいなどの不満は、筆者も直接エンジニアの方からお聞きすることがあります。

それに対して、フリーエンジニアは、参画する現場は自分で選ぶことができ、また期間限定で現場を変えることもできるので、正社員エンジニアが抱えるような不満は感じにくいようです。やはり、自分で自分の仕事を選べるというのは精神衛生上非常に重要なのではないかと筆者も考えています。

フリーエンジニアの営業手法については、こちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

●フリーエンジニアの営業手法4選【仕事を獲得するために】

フリーエンジニアの契約は業務委託契約がほとんど

実際にフリーとして仕事をすると、そのほとんどが業務委託契約にて作業をすることになります。
契約書の内容をしっかりと確認して、作業をしましょう。
また、仲の良いパートナーだからと契約書を結ばず進めるケースもありますが、
念のため業務委託契約書を結んでおくことをお勧めします。

フリーエンジニアにリスクはあるの?

フリーエンジニアにリスクはあります。
社員とは違うためすぐに仕事が終了してしまうこともあります。
安定とは少し違うかもしれません。
しかし、正社員と比べると年収が2倍以上増えたり、仕事を選べるようになったりと自由度はかなり高まります。
もちろん副業も可能です。
正社員でも仕事が続くかわからない現代であれば、そのリスクは0に等しいものかもしれません。

エンジニアが独立するにあたりやらなければいけないこと

今までふれてきたとおり、収入面や精神衛生上などでいろいろ魅力的なフリーエンジニアですが、面倒なこともあります。それは主に「税関連作業」「独立手続き」「案件探し」です。

税関連作業

・毎年一回行う確定申告
・各税の振り込み対応

独立手続き

・税務署への開業届け・青色申告書提出
・役所への保険・年金変更届け
・印鑑作成や通帳作成など

案件探し

・自分の希望に合った案件探し

初めての物事に取り組む際は、誰だって苦労するものです。

ただ、すべて一人で抱え込まずに、エンジニアの独立に詳しい人に聞くだけで楽になることも多いも事実です、

ポテパンフリーランスでは、独立を目指すエンジニアの負担を少しでも解消すべく、全方位的にサポートしていますので、もし、今フリーエンジニアへの転身をご検討されている方はぜひ、お気軽にご相談ください!

ちなみに、開発言語ごとのフリーランス案件トレンドもまとめていますので、こちらもぜひご覧ください。

●PHP案件のトレンド

●Ruby案件のトレンド

●Swift案件のトレンド

●Java案件のトレンド

●iOS案件のトレンド

●Android案件のトレンド

●JavaScript案件のトレンド

●HTML/CSS案件のトレンド

●C#案件のトレンド

●Unity案件のトレンド

●Python案件のトレンド

●Go案件のトレンド

●C++案件のトレンド

●おまけ:フリーエンジニアが今すぐ単価を上げるための6つのTIPS

ポテパンフリーランスの紹介

ポテパントップ

さて、いままでフリーエンジニアの独立についてお伝えしてきましたが、最後にポテパンフリーランスの紹介をさせてください。

ポテパンフリーランスは、フリーランスエンジニアに案件のご紹介をする、エージェントサービスです。常駐型案件を多く揃えて、安定した収入を得るお手伝いをすると共に、さまざまな特徴で多くのフリーエンジニアから利用されています。

エンジニアの独立を支援する万全なサポート体制

一般的なエージェントでは、サービス利用者1人1人にプロのキャリアコンサルタントがつきます。ポテパンフリーランスではキャリアコンサルタントはもちろん、フリーランス初心者が陥りやすい税・保険関連の悩みまで徹底的にサポートします。

フリーランス案件を多数保有

ポテパンフリーランスでは業界屈指のネットワークを活かし、業界で最大規模のフリーランス案件情報を抱えています。その中から、あなたに最適なフリーランス案件を紹介します。

関東だけでなく大阪、名古屋案件もサポート

フリーエンジニア案件は関東に集まりがちではございますが、大阪、名古屋と案件数が徐々に増えてきております。
現在大阪や名古屋にお住いの方でも案件サポートができるよう案件の幅を広くしてお待ちしております。

案件参画後も続く継続的サポート

ポテパンフリーランスの大きな魅力の1つが継続したサポート体制。通常のエージェントであれば仕事が決まるまでをサポートし、別の仕事を探すのであればまた1から探し直すことになります。

その点、ポテパンフリーランスでは案件参画中からキャリアコンサルタントが定期的に連絡を取り合い、現状をしっかり把握。悩みがあれば改善に努めながら、次の案件探しをサポート。案件と案件の間のブランクを取り除けるよう努めています。

技術に明るいエージェント担当が案件探しをサポート

ポテパンフリーランスのエージェント担当は、自身がエンジニアです。そのため、技術に対して明るく、フリーランスエンジニアがお持ちのスキルや経験、それから今後のエンジニアとしてのキャリアまで、表面的な話ではなく、より深いところまで相談することができます。

「エージェントがまったく技術について明るくなくて、検討違いな案件を紹介される。。。」というのは、よく聞く悩みです。ポテパンフリーランスのエージェント担当には、そんな心配はご無用です。

■キャリアコーディネーターの紹介
宮崎大地
株式会社ポテパン代表取締役社長

過去5年間にわたり、数百名のフリーエンジニア様に案件紹介をしています。自身もエンジニアなので、技術についてもしっかり理解した上で、机上の空論にならないキャリアサポートをモットーとしています。

フリーエンジニアのことなら、なんでも相談にのります!

ポテパンフリーランスでは、フリーエンジニア向けのキャリアコンサルティング歴の長いコーディネーターが、フリーエンジニアのみなさまひとりひとりのスキルや経験、今後のキャリア等をしっかりヒアリングした上で最適な案件をご紹介しております。

また、案件探しだけでなく、独立にまつわることであれば何でも無料で相談にのっていますので、下記フォームからお気軽にお問い合わせいただければと思います。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング