フリーエンジニアノウハウ

フリーランスはクレジットカードが作りづらい?対策も教えます!

フリーランスになると困るのはクレジットカードの審査です。収入が安定していないという印象を与えるフリーランスは会社員の時と比較すると審査が通りづらくなります。

こちらの記事ではフリーランスがクレジットカードの審査に通るためのポイント、またよくカード会社にチェックされるポイントなどについて詳しく紹介します。

フリーランスがクレジットカード審査に通りにくい理由

フリーランスがクレジットカードの審査に通りにくい理由は、社会的なイメージです。

フリーランスという働き方自体は好きな時間、場所で働くことができ、ワークライフバランスを整えるのに最適です。しかし会社のように安定した雇用、収入が約束されているわけではないため、どうしてもカード会社や金融機関からの収入に対する信用度は低いです。

またカード会社は現在の収入だけではなく、どのくらいの期間継続して働けているのかなど、期間も重要な審査項目としてチェックします。なので逆にいえば活動している期間が長ければ長いほど、フリーランスであってもカード審査に通りやすくなります。

そして仮にフリーランスとしてクレジットカードをつくることができても、会社員と比較して限度額は低めに設定されやすいです。

カード使用限度額というのは基本的にカード会社や金融機関各社が、カードをつくる人の「社会的信用度」をチェックして設定します。なので社会的信用度が低く見られがちなフリーランスの場合、限度額も低く設定されやすいのです。

フリーランスであってもある程度ステータスのあるクレジットカードを持ちたいと思っている人は、社会的信用を上げるためにも安定した収入と実績を積み上げていくことが大切です。

フリーランスのクレジットカード審査のポイント3つ

つづいてフリーランスがクレジットカードをつくる時、カード会社や金融機関がよくチェックする審査ポイント3つを詳しく紹介します。

同居家族がいるかどうか

家族と同居しているかどうかはフリーランスの人の場合、審査では大切なポイントになります。

もともと会社員と比較した時、仮に同じ収入だったとしてもフリーランスの方が社会的信用度は低いです。しかし同居している結婚相手の情報や、働いている家族の情報を記載することによって、同居している人の信用度も審査の対象に入り、審査に通りやすくなります。

たくさんの種類があるクレジットカードの中には、学生向けや、収入が少ない主婦の人でもつくることができるとPRしているものもあります。しかしそういったクレジットカードのほとんどが世帯主を審査の際に記入することが必須です。

フリーランスで同居している家族がいる人は、必ず記入するようにしましょう。

収入・事業が安定しているか

カード会社、金融機関にとってフリーランスの信用度が低い理由は、収入の不安定さです。

フリーランスの全ての人が継続して仕事を受注できることが約束されているわけではありません。そのため安定した収入をカード会社、金融機関に証明することは難しいです。

なのでフリーランスの中でもカード審査に通りやすくなるのは実績が3年以上ある人です。そしてその間の収入も増加、もしくは安定しているとよりカードを作りやすくなります。

仮に収入が安定していても、フリーランスになりたての時はカード審査に通りづらいです。なのでフリーランスになる前、信用度が高い会社員のうちに一枚クレジットカードをつくっておくのがおすすめです。

事故情報がないか

カード審査の時、最も重要視されているといわれるのが「事故情報の有無とその内容」です。この情報は通称ブラックリストともいわれています。

カード会社を問わず、ローンやクレジットカードを私たちが契約した時、信用情報機関に契約情報が送信されます。そしてこの契約情報に紐づいて、返済が遅れた時、延滞金が存在している時などの「事故情報」もデータとして残ります。

この事故情報はクレジットカード会社全体に共有されるため、事故情報がつきブラックリストに載っている場合、カード審査に通るのは残念ですが困難になります。

審査を通りやすくするポイント2つ

つづいてフリーランスの人がカード審査を通過するために押さえておきたいポイント2つを詳しく紹介します。

キャッシング枠なしで申し込む

個人事業主であるフリーランスの場合、収入が安定してないことも審査が通りづらい理由の一つですが、もう一つ審査に通りづらい理由があります。それはカードのキャッシングを事業のために使うかもしれないというおそれです。

基本的にクレジットカードのキャッシングは事業に使用することはできません。黒字を約束できない事業にキャッシングを利用されるのは、カード会社としてもリスクが高いからです。

なのでもともとキャッシングを利用する予定のない人は、キャッシング枠に0を記入して申し込むことをおすすめします。これだけでもカード会社にとって不安要素が減り、審査に通りやすくなります。

事業の情報を明確にする

一言でフリーランスといっても、仕事の内容は人によって様々です。そしてカード審査に通るためには、なるべく自分がどんな事業を行なっているのか、どんな仕事を受注しているのか明らかにすることをおすすめします。

事務所やオフィスを構えている人であれば必ず住所を記載しましょう。また開業届けを提出し、屋号を持っている場合も記入した方がいいです。

またフリーランスとしてホームページを作成しているのなら、どんな仕事をしているのかカード会社の人に分かってもらうためにURLを記入しましょう。自分のフリーランスでの活動を明確にすることで、信用は高まりやすいです。

フリーランスにおすすめのクレジットカードとは

最後にフリーランスでも審査に通りやすいおすすめのクレジットカード○つを紹介します。

楽天カード

フリーランスの人でも比較的審査に通りやすいといわれているのが「楽天カード」です。審査の通りやすさという点ではクレジットカードの中ではトップクラスです。

さらに楽天カードであればポイント還元率も高いため、お得にお買い物をすることができます。楽天カードを利用して決済した場合、1%のポイント還元がされます。また楽天市場や楽天トラベルなどを利用すればポイント還元率はさらに上がります。

とりあえず1枚クレジットカードを持っておきたいフリーランスの人は楽天カードがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

「アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード」も比較的審査に通りやすいといわれているクレジットカードです。

こちらのカードは個人事業主であるフリーランスの場合、一般カードとビジネスカードという2種類から選ぶことができます。

基本的なスペックは同じですが、ビジネスカードであれば年会費なども事業経費として計上できるので、節税をしたい人はビジネスカードがおすすめです。

まとめ

会社員からフリーランスになろうと考えている人は、なるべく会社員のうちにクレジットカードをつくりましょう。そして今現在フリーランスの人も、実績を積み重ねていけば審査には通りやすくなるので安心してください。

こちらの記事で紹介した審査に通りやすいポイントを押さえて、ぜひとも自分のつくりたいクレジットカードをつくってくださいね。

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング