スキルとキャリア

WEBディレクター案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件

2017年04月07日 スキルとキャリア

WEBディレクターは、WEBサイト制作における監督のような役割です。WEB、アプリ問わず、私たちが日々使うサービスの裏側には必ずWEBディレクターがいます。そしてWEBディレクターの需要は年々高まる傾向にあります。フリーランスのWEBディレクターを目指している方はたくさんいますが、成功する人もいれば残念ながら失敗してしまう人も少なくありません。

今回はそんなWEBディレクターのフリーランス案件状況についてご紹介します。なお、本記事はフリーランスのエンジニアに案件を紹介するエージェントサービス「ポテパンフリーランス」がお届けしています。

いますぐにフリーランスの案件を探したい!という方はお気軽に下記からお気軽に登録してください。すぐに、ポテパンフリーランスの担当エージェントからメールにてご連絡します。無料登録はこちら

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

WEBディレクターとは?

まずはWEBディレクターについて詳しく理解を進めましょう。WEBディレクターとは、WEB関連のプロジェクトを監督・指揮・管理する職種。WEBサイトやアプリを開発する際に、WEBデザイナー、WEBプログラマー、コーディング担当などをまとめ、プロジェクト全体の進行管理・品質管理をする仕事です。

映画の助監督や監督の仕事を思い浮かべるとイメージできるかもしれません。クライアントの要望と開発現場を均衡に保てるよう統括し、品質と納期を管理しながら、プロジェクトを成功へと導きます。プロジェクトメンバーの人選や、制作スケジュールの設計・管理、コンテンツの品質管理、メンバーのマネジメントまで行います。

具体的にどのような仕事をするのか

具体的には、業務のスケジュールや方針などの業務計画を策定して、実際の業務を行うスタッフたちに指示を出します。また、成果物の品質チェック、クライアントなどへの業務進捗報告なども行います。
それではプロジェクトの内容ごとにもう少し詳しくみてみましょう。

例えば、IT関係の案件の場合は、WEBサイトやアプリ内の文章・写真・動画などを企画・制作するWEBコンテンツ制作、WEBサイトのデザインの設計・コーディングなどを行うWEBデザイン、WEBシステムの設計・プログラミング・メンテナンスなどを行うWEBシステム開発などの業務について、それぞれ専任のディレクターが進行管理を担います。

アートディレクションの場合は、WEBサイトに掲載する写真・動画や、ゲームのキャクター・操作画面などのヴィジュアルデザインについて、開発ディレクションの場合は、情報システムの設計・構築・運用などを行う情報システム開発について、ゲームディレクションの場合は、ゲームの企画・設計・デザイン・プログラミングなどを行うゲーム開発について、それぞれの進行管理を担います。

WEBディレクターに求められる能力とは?

WEBディレクターは複数のプロジェクトを同時に担当する事も珍しくありませんので、全体のスケジュール設計と管理ができる能力が求められます。また、プログラム・デザイン・コーディングなどの各分野の専門スタッフと話をする際に、技術的なことがまったく分からない状態では、適切な指示を出すことができません。そのため、ある程度の技術的な知識を身に付けておくことも必要です。

また、クライアントと現場、また、それぞれの制作スタッフの間の橋渡しのような役割です。そのため、正確に情報を伝え、相手がきちんと理解しているかを確認することが必要です。クライアントに対してもスタッフに対しても、打ち合わせにきちんと時間をかけ、相互理解がなされている状態を保つことが良い仕事をする秘訣と言えるでしょう。

例えば、WEBデザイナー出身のWEBディレクターも、デザインだけでなくコーディングやSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)といったWEBマーケティングの分野についても精通していることが望ましいです。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

優秀なWEBディレクターは例外無く人柄が良い

人柄は優秀なWEBディレクターの必須条件です。前提条件が変わったり、スケジュールが差し迫ったり、各メンバーの板挟みになったり。それらを乗り越え、各メンバーとプロジェクトを成功まで導く推進力と人間力が求められます。また、そのままのものを作成するだけでなく、そこにプラスして企画力や提案力があるかどうかという点もクライアントが気にするところです。

WEBディレクター案件のトレンドとは

WEBディレクターの需要は年々高まる傾向にあります。仕事の増加に対して、それをさばける人の数が圧倒的に少なく、完全な売り手市場です。求人をかけている企業を見ると、ほとんどの企業が3年以上のキャリア採用を希望しており、逆に未経験採用は少なめな傾向です。どこの企業もすぐに仕事ができる即戦力が欲しいというほど、人手が足りていないというのが現状です。

また、WEBディレクターは日々進化するITトレンドへの理解は必須のため、日々学習が求められます。
最近は無料でサイトを作成するサービスもありますが、サイトの数が増えるにつれ、より興味を引くには、質の高いサイトを作成する必要があります。質の高いサイトを作成するには、プログラミング、CSSなどの専門知識が必要となり、それにはやはり専門家に依頼することになります。また、サイトを作成した後も、SEO対策、アクセス解析などが必要となり、こまめに更新する必要もあります。こうした管理面でもWEBディレクターの役割が重要となります。

WEBディレクター求人案件の単価相場は?

単価に関してはスキル・業界経験も様々となりますが、求人が多いのは40万円~70万円ですが、WEBディレクターの中には、年収で1千万円を超える人もいます。フリーランスとはいえ、日々のコミュニケーションが仕事と言えますので、常駐案件がほとんどです。インハウスでのディレクター経験、デザイナー出身のディレクターや開発出身のディレクターだと引き合いが多くなります。また、新規サービスの経験者も同じように引き合いが多い状況です。

クリエイティブ系職種はスキルや経験が重視されることが多い一方、マネジメント経験や技術的スキルを持つWEBディレクターであれば、高い年収を得られる可能性があります。実力主義であるWEB業界では、意欲がある方ほどキャリアアップできます。

WEBディレクター案件に強いポテパンフリーランスの紹介

さて、いままでWEBディレクターのフリーランス案件についてお伝えしてきましたが、最後にポテパンフリーランスの紹介をさせてください。

ポテパンフリーランスは、フリーランスエンジニアに案件のご紹介をする、エージェントサービスです。常駐型案件を多く揃えて、安定した収入を得るお手伝いをすると共に、さまざまな特徴で多くのフリーエンジニアから利用されています。

エンジニアの独立を支える万全なサポート体制

一般的なエージェントでは、サービス利用者1人1人にプロのキャリアコンサルタントがつきます。ポテパンフリーランスではキャリアコンサルタントはもちろん、フリーランス初心者が陥りやすい税・保険関連の悩みまで徹底的にサポートします。

フリーランス案件を多数保有

ポテパンフリーランスでは業界屈指のネットワークを活かし、業界で最大規模のフリーランス案件情報を抱えています。その中から、あなたに最適なフリーランス案件を紹介します。

関東だけでなく大阪、名古屋案件もサポート

フリーエンジニア案件は関東に集まりがちではございますが、大阪、名古屋と案件数が徐々に増えてきております。現在大阪や名古屋にお住いの方でも案件サポートができるよう案件の幅を広くしてお待ちしております。

案件参画後も続く継続的サポート

ポテパンフリーランスの大きな魅力の1つが継続したサポート体制。通常のエージェントであれば仕事が決まるまでをサポートし、別の仕事を探すのであればまた1から探し直すことになります。

その点、ポテパンフリーランスでは案件参画中からキャリアコンサルタントが定期的に連絡を取り合い、現状をしっかり把握。悩みがあれば改善に努めながら、次の案件探しをサポート。案件と案件の間のブランクを取り除けるよう努めています。

技術に明るいエージェント担当が案件探しをサポート

ポテパンフリーランスのエージェント担当は、自身がエンジニアです。そのため、技術に対して明るく、フリーランスエンジニアがお持ちのスキルや経験、それから今後のエンジニアとしてのキャリアまで、表面的な話ではなく、より深いところまで相談することができます。

「エージェントがまったく技術について明るくなくて、検討違いな案件を紹介される。。。」というのは、よく聞く悩みです。ポテパンフリーランスのエージェント担当には、そんな心配はご無用です。

■キャリアコーディネーターの紹介
宮崎大地
株式会社ポテパン代表取締役社長
過去5年間にわたり、数百名のフリーエンジニア様に案件紹介をしています。自身もエンジニアなので、技術についてもしっかり理解した上で、机上の空論にならないキャリアサポートをモットーとしています。

まとめ

WEBディレクターのフリーランス案件の求人案件トレンド、単価相場について紹介してきました。

WEBディレクターは、プロジェクトの進行管理、品質管理だけでなく、場合によっては企画立案やテクニカルな業務も兼務する職種です。必要なスキルも多く、簡単な職種ではありませんが、WEBの幅広い知識と経験を身に付けることができるため、キャリアアップには最適です。また、WEBコンテンツを作り上げたときの達成感や、やりがいが大きい職種でもあります。

市場の需要も求められる役割も拡大していきますので、当分は案件に困ることはないことを考えると、投資する価値はあるでしょう。最後になりましたが、本サイトを運営しているポテパンフリーランスは、フリーランスのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたい方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング