フリーエンジニアノウハウ

Access案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件

企業のデータ活用は本格化する一方です。なぜなら、私たちを取り巻くビジネス環境の変化は、これまで体験したことのないような速度と規模で起こっているからです。

消費者ニーズや競合状況、さらには国際情勢まで、ビジネス環境は刻一刻と変化します。これらの変化をデータとして捉え、常に把握し、自社にとって有利な状況へと導くことが企業の競争優位性に大きく影響します。

今回は数あるプログラミング言語の中でも、データ管理/分析の時代において重要度が増すAccessエンジニアの需要状況を、フリーエンジニアやこれからフリーエンジニアを目指す方にお届けします。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

Accessとは

Access(アクセス)は、Microsoft社が開発した「データベース管理ソフト」です。Microsoft Office製品の一つで、データを扱ったり、簡単なデータベースシステムを構築するために使われます。多くの方々に馴染みのあるExcelやWord、PowerPointは社会人のみならず、学生でも使ったことがある方がほとんどでしょう。しかし、社会人の方の中でもAccessを知らないという方は多いです。ただ、企業が扱うデータ量は年々増え続け、いかにデータを自社のビジネスに上手く活用するかは欠かせないキーワードとなっており、データを管理するための何かしらのデータベースシステムを使っていない企業の方が少ないのではないでしょうか。

Accessはデータベース初心者にも扱いやすい設計となっていますが、一方でデータベースの知識を有するエンジニアにとっても高度なデータベースアプリケーションを開発することができ、その汎用性の高さが人気を集めるツールと言えます。Accessのスキルは、従来の顧客基盤の大きいメーカーや、インターネット時代においてはECサイトのような大規模な会員データを扱うWEB系企業にも使われています。データベースの開発や分析などの求人・案件は多く、エンジニアとして習得しておいて間違いない言語と言えます。また、エンジニアとして経験の少ない方は、データベースの技術/知識を深めて行く上で、より複雑なことができる他のデータベースソフト(Microsoft SQL ServerやOracle Database、MySQL、PostgreSQLなど)を使う前に、足掛かりとしてAccessに触れておくのも良いでしょう。

Accessの利用シーン

Accessの一般的なイメージは、オフィス製品に含まれているためプロのソフト技術者が扱うものとは言えないような認識が存在します。
しかし、AccessはVBAとSQLを使いこなすことで、かなり幅広い処理が可能となります。同じことをVB.NETやC#で行うと倍以上の工数がかかってしまいます。なぜなら、Accessにはレポートやフォーム、データベースの機能を統合された形で存在し、プロトタイプ版や製品版のソフトウエアを作成する際に他の開発言語で一から設計していくより非常に簡単だからです。

例えば、システムというほど大げさでない場合には、特にベンチャー企業などでは多くの場合Excelが使われます。Excelを使えば、ある程度のものが作れてしまうからです。しかし、似たようなシートが複数作成され、データのファイルがどこにあるのかわからない、そもそもデータを上手く利用できていないなんてことが起きがちです。そんな時に有効なのがAccessです。

一定のルールを覚えれば、初級者でもそれなりのデータシステムが構築できます。データを保存し、保存されたデータの取り出しや加工、入力や保存を行う画面や印刷する帳票などを簡単に作成でき、統合されたシステムを作ることができます。イメージとしては、”Excelよりは難しいが専門的なプログラムを勉強するよりは簡単”にシステムを自社開発することができます。
また、業務においてさらに有効に働くのが、ひとつのデータをみんなで共有できるということです。複数の人が同時にどんどん売上実績を入力。ある人が売上実績を入力しながら、別の人が月別の集計結果を確認する、そういったことが非常にスムースにできるのもAccessのメリットのひとつです。

Accessの特徴とは

大量のデータの蓄積・保存

Accessは大量のデータを蓄積・保存が可能です。Accessの場合は、1つのデータベースについて最大2Gまでという容量の限界があるだけで、保存件数に制限はありません。一方でExcelの場合には保存可能な件数の限界があり、1つのワークシートに104万8,576行なっています。

保存データの利用

データは保存しただけでは意味がありません。上手く活用してこそ意味があります。Accessは、保存したデータをあらゆる形で取り出すことが可能です。膨大なデータの中から必要なデータだけを目的に応じたかたちで取り出すことができます。取り出すときに数値データを集計したり、複数の表を結合させたりすることも可能です。データベースを作成するだけでなく、データを効率的に管理・運用できるしくみも備わっているのです。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

Accessの求人トレンドとは

それではAccessの求人トレンドをみてみましょう。
先ほどもお伝えした通り、Accessは従来の顧客基盤の大きいメーカーや、インターネット時代においてはECサイトのような大規模な会員データを扱うWEB系企業にも使われています。データベースの開発や分析などの求人・案件は多く、エンジニアとして習得しておいて間違いない言語と言えます。また、エンジニアとして経験の少ない方は、データベースの技術/知識を深めて行く上で、より複雑なことができる他のデータベースソフト(Microsoft SQL ServerやOracle Database、MySQL、PostgreSQLなど)を使う前に、足掛かりとしてAccessに触れておくのも良いでしょう。また、フリーエンジニアにとってもAccessのスキルは持っておくべきスキルと言えるでしょう。なぜなら、システム開発においてExcelやWord、PowerPointと同様に活用度が高い場合も多くあるからです。特に多くのデータファイルを抱える企業においては相当に役立つでしょう。

Access求人案件の単価相場は?

フリーのエンジニアが受け取る報酬の相場は一般的にプログラマで「40~60万」、システムエンジニアで「60~80万」と言われています。もちろんスキルや時間によりますが、一般的にはAccessですと一人前のエンジニアでだいたいの相場は月50万円~高い方で80万円程です。あらゆる産業にITが浸透し、WEB系企業のみならずデータの有効活用は至上命題となります。そんな中で、Accessを使えるエンジニアやプログラマーは慢性的に人手不足となり、Accessを習得している方はデータ管理/分析のスペシャリストとしてかなり重宝されるようになります。

まとめ

Accessはデータベース初心者にも扱いやすい設計かつデータベースの知識を有するエンジニアにとっても高度なデータベースアプリケーションを開発することができる、汎用性の高いツールです。まずAccess経験が豊富なエンジニアの方は、当分は案件に困ることはないことを考えると、投資する価値のある言語と言えるでしょう。ぜひ習得し、お仕事を探してみてください。

本サイトを運営するポテパンフリーランスは、フリーエンジニアのための案件紹介サービスです。業界のプロに案件探しを手伝ってもらいたい方は下記からぜひお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング