フリーランスエンジニアのお役立ちコラム

  1. フリーランスエンジニア案件情報サイト
  2. お役立ちコラム
  3. そもそも、確定申告って何?確定申告の基本のキ

そもそも、確定申告って何?確定申告の基本のキ

ファイナンス
2016年03月29日

フリーランスにとって、確定申告は非常に頭の痛い課題でしょう。特に、初めて確定申告をされる方にとっては、分からないことが多く途方に暮れることもあると思います。
そこで本記事では、フリーランスが避けては通れない確定申告について、できるだけわかりやすく説明しようと思います。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

そもそも、確定申告とは何か?

確定申告とは、簡潔に言うと、所得税の申告のことです。サラリーマン時代は、会社側が給与所得を源泉徴収してくれるので、個人で確定申告をする必要がありませんでしたが、フリーランスは自分で所得税を申告しなければなりません。フリーランスになると、今まで会社がやってくれていたことも自分でやらなければいけないので大変ですね。
注意しなければならないのが、所得税はその年の売上に課されるわけではないということです。基本的には、売上から必要経費と所得控除を差し引いて算出します。よく売上に課されると勘違いしている人がいるので注意しましょう。わかりやすく方程式にすると下記のとおりです。

その年の売上-その年の経費-所得控除=課税される所得
※所得控除は、別回で詳しく説明します。

ちなみに、フリーランスは自分で稼いだ所得に対して、主に「所得税」と「住民税」が課されますが、住民税は所得税と連動してるので、確定申告をすることで住民税も確定します。
所得税の税率は、課税される所得金額によって変動するので、下記の表もしっかりチェックしておきましょう。
syotoku

たとえば、その年の売上が800万円、経費が300万円、所得控除が200万円の人を例にケーススタディしてみます。

その年の売上800万円-経費300万円-所得控除200万円=課税される所得300万円

上記表を見ると、課税される所得金額が300万円の場合は税率は10%であることがわかるので、

課税される所得×10%=30万円

となります。そして、表の控除額を差し引きます。

30万円-9万7500円=22万円2500円

となります。この22万円2500円が所得税となります。

さて、確定申告の基本のキをお届けしました。確定申告に限らず、フリーランスになるにあたっての不安等があれば、なんでもポテパンフリーランスにご相談ください。

最新おすすめ案件はこちら

他の人気カテゴリーを見てみる