キャリア

在宅フリーランスになりたい!おすすめの職種と案件の探し方について

2017年11月11日 キャリア

小さなお子さんがいるお母さんや、職場から遠い場所に住んでいる人にとって理想的な働き方が在宅ワークです。そして一つの企業に属さず自由な働き方ができるフリーランスでも、職種によっては在宅で仕事ができることをご存知ですか?

こちらの記事では在宅で仕事ができるフリーランスの職種、また在宅ワークを探すポイントなどを詳しく紹介します。今フリーランスではなくても在宅ワークを探している人、フリーランスの働き方に興味のある人はぜひこちらの記事を参考にしてくださいね。

フリーランスで在宅で働ける場合もあるの?

一つの企業に属さないフリーランスは、在宅で自由に働けるのでしょうか?

今はインターネットの発達により、ノートパソコン一台とインターネット環境があればどこでも働ける時代です。接客業やカメラマンなど、働く現場に行かなければ仕事ができない職種の人は別ですが、プログラマーやライター、デザイナーなどは在宅で仕事をすることが可能です。

そしてフリーランスで在宅で仕事をすることは勿論可能です。インターネットで仕事を受注することができるクラウドソーシングのサービスなどを利用したり、フリーランス向けのエージェント等を利用したりすれば、人脈がなくても在宅フリーランスを始めることはできます。

在宅で働けるフリーランスの仕事を探している人は、まず自分の職種が在宅可能な職種か確認してみることをおすすめします。

在宅フリーランスのメリット・デメリット

人間関係にわずらわされず自分の好きな時に働くことができる在宅フリーランスのメリットは多いです。しかしいつでも仕事ができるため休日を返上して働きつづけてしまったり、在宅のためプライベートと仕事の区別がつかなかったりと、デメリットもあります。

つづいて在宅フリーランスのメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

在宅フリーランスのメリット3つ

①:働く時間・日数を自分で決められる

小さなお子さんがいるお母さんにこそ在宅フリーランスはおすすめしたい働き方です。自宅で仕事ができるのであれば、子育てや家事をしながら仕事をすることができます。またお子さんに病気やケガがあった時も、自宅にいるため看病をしてあげることができます。

働く時間帯、日数を自分で調節できるのが在宅フリーランスの大きなメリットです。

②:会社に通勤する必要がない

働いている会社と自宅が遠い人の場合、電車などに乗る通勤時間がかかります。中には通勤時間が1時間以上かかっている人もいるのではないでしょうか。

在宅フリーランスであれば通勤時間は一切かかりません。そのため通勤にかかっていた時間を仕事や家事の時間にあてることができますし、睡眠時間を増やすこともできます。さらに通勤する必要がないので、満員電車に乗ることもありません。

さらに台風や大雨、雪など天気に振り回されることもありません。いつでもエアコンのある自宅で快適に仕事をすることができるのです。

③:職場の人間関係に悩まない

仕事をしていて一番の悩みの種になるのが人間関係です。苦手な上司が同じ職場にいたりすると、仕事は好きでも働くことが苦痛になってしまいます。また職場の人間関係を壊さないために行きたくない飲み会に行き、周りに合わせて残業をしなければいけない時もあります。

しかし在宅フリーランスであれば、人間関係に悩まされずやるべき仕事に集中することができます。人間関係のことを考えずに自分がするべき仕事に打ち込むことができるので、作業効率も上がります。

一人で黙々と作業をするのが好きな人にとって、在宅フリーランスのメリットは大きいです。

在宅フリーランスのデメリット2つ

つづいて在宅フリーランスのデメリット2つを詳しく紹介します。

①:仕事と私生活の区別がつかない

生活をしている自宅で仕事をする場合、家事の合間に仕事を進めたり朝起きてすぐに仕事を始められたりとメリットもありますが、仕事と私生活の区別をつけるのが大変です。

在宅フリーランスの場合いつでも仕事ができる環境だからこそ、休日をつくらずに働きつづけてしまったり、不規則な生活リズムになってしまったりします。自分で生活リズムをしっかり整える自制心が必要です。

②:安定した保障・収入はない

在宅フリーランスの仕事の場合、一つの企業と安定した契約を結んでいるのなら別ですが、多くは固定された仕事ではありません。仕事が多い月もあれば全くない月もある、といったように収入が安定しないリスクがあります。

またフリーランスの場合、会社員と違って自分で年金や健康保険、税金の手続きを行う必要があります。そして厚生年金に加入している会社員と比較して、国民年金のみ加入しているフリーランスの場合、自分で気を付けなければ老後の蓄えが少ないです。

会社員よりも不安定な収入、保障のなりやすいからこそ、在宅フリーランスは自分の将来についてしっかり考えておく必要があります。

在宅案件の探し方・ポイント3つ

つづいてフリーランスが在宅ワークを探すコツ3つを詳しく紹介します。

大企業よりスタートアップやベンチャー企業に多い傾向が

まず在宅で働ける仕事の傾向として、在宅ワーク可能な仕事を発注してくれるのは大企業よりも起業したばかりのスタートアップ、ベンチャー企業が多いです。

そもそも最近起業したスタートアップやベンチャー企業の場合、新しい人材を確保するのが大変です。なので在宅ワークを可能にしたり、週2〜3回の勤務でOKにするなど働き方を工夫することで人材を確保する必要があるのです。一方大企業の場合、古い経営体質が残っている企業はまだまだ多いです。なので新しい働き方である在宅ワークを導入していない企業がまだまだあるのが現状です。

なのでベンチャー企業、スタートアップが多く求人募集をしている求人サイトを中心に仕事を探すと在宅ワークを見つけやすいです。

クラウドソーシングを活用する

在宅ワークを探す時、まず登録してほしいのがクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を発注したり受注したりするサービスです。クラウドソーシングサイトならアカウント登録をするだけで仕事の発注、また受注をすることができます。

在宅ワークを探す上でクラウドソーシングをおすすめする理由の一つに、案件の豊富さが挙げられます。はじめは単価の安い案件ばかり受注することもありますが、仕事をこなしていくうちに自分のやりたい仕事、また高単価の案件を受注できるようになります。

今現在会社員で在宅フリーランスになることを目標にしている人は、クラウドソーシングを副業から始めてみることをおすすめします。

在宅案件が多い職種・業種は?

在宅ワークの募集が多くされている職種、業種はあります。

まず「プログラマー」、「エンジニア」はとても需要の高い職種のため、在宅案件も非常に多いです。そもそも今は世界中でIT人材が不足しており、IT企業のみではなくあらゆる企業がプログラマー、エンジニアを欲しがっています。

またWebメディアなど紙媒体だけではなく執筆できる場所が増えたことから「ライター」の需要も高まっています。そしてライターは取材などの仕事でなければ、パソコンがあれば仕事ができるので在宅ワークの仕事が多いです。

またデザイナーも在宅ワークの多い職種です。インターネットに発展によってデザイナーの活躍する場はWebサイト、アプリデザイン、ゲームデザインなど大きく広がりました。そのため仕事の数が増え、在宅ワークの案件も増えたのです。

未経験・初心者で在宅案件は難しい?

プログラマー、エンジニア、ライターやデザイナーなど在宅案件が多く存在する職種のスキルがない場合、在宅フリーランスになるのは難しいのでしょうか?

答えは「NO」です。未経験であってもクラウドソーシング等を活用すれば自分の就きたい職種の仕事を少しづつ受注することが可能です。またすぐにフリーランスとして働きはじめるのではなく、会社員の時に副業でフリーランスとして働きはじめ、軌道に乗ったタイミングで会社員を辞める方法もあります。

またプログラマー、デザイナーなど専門の技術が必要な職種であっても、今はオンラインスクールや動画学習サイトがあるため、隙間時間に学習し技術を習得することができます。

まずは自分ができる仕事を受注しながら、徐々に自分のしたい仕事を受注できるよう調節してみてはいかがでしょうか。

在宅フリーランスのスキル・能力の上げ方

自分が楽しいと感じられる仕事をするため、また高単価の案件を受注するためにはスキルを上げる努力が欠かせません。それでは在宅フリーランスがスキルを上げるコツを2つ紹介します。

①:オンライン学習サイトを活用する

最近ではスクールに足を運ばずにオンライン上で勉強ができるサイトが多数あります。なかなか学習時間を確保できない人も、一日30分だけ動画などを見て新しい技術を学んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの学習サイトは「Udemy」です。Udemyではプログラミングやデザイン、マーケティングなどフリーランスに欠かせないスキルのオンデマンドビデオが多数用意されています。ぜひ隙間時間に気になる授業を受けてみてくださいね。

②:気になるイベント、勉強会などに積極的に参加する

受注している仕事だけをしていると、新しいスキルは身につきづらいです。フリーランスとして長期的に活躍するためにも、おすすめしたいのは月に一回でもいいので気になるイベント、勉強会などに参加し自分の視野を広げることです。

またイベント、勉強会に参加することによって人脈が増え、仕事のチャンスが舞い込むこともあります。無料イベント、勉強会も今は多く開催されているので気軽に参加してみましょう。

まとめ

在宅フリーランスの良いところは自分の好きな時間に働けることです。お子さんや家族がいる人にとっては在宅フリーランスは最適な働き方といっても過言ではありません。

まずは在宅ワークの求人がないか求人サイトを探してみたり、クラウドソーシングに登録してみて在宅フリーランスの一歩を踏み出してくださいね。

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング