フリーランスエンジニアのお役立ちコラム

  1. フリーランスエンジニア案件情報サイト
  2. お役立ちコラム
  3. Swiftの案件トレンド

Swiftの案件トレンド

スキル
2016年10月04日

あなたのスマホにはいくつアプリが入っていますか?
アプリ無しには、私たちの生活はもはや考えられません。そのアプリの開発者の裾の尾を広げたのは、Appleが発表したSwiftの功績は大きいでしょう。
今回は、日本で人気が高いApple製品を扱うSwiftエンジニアのフリーランス案件トレンドについて紹介します。
なお、本記事はフリーランスのエンジニアに案件を紹介するサービス「ポテパンフリーランス」がお届けしています。
いますぐにSwift案件を探したい!今後、Swift案件に参画することを考えている!という方はお気軽に下記からお気軽に登録してください。すぐに、ポテパンフリーランスの担当エージェントからメールにてご連絡します。 無料登録はこちら

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

Swiftとは

2007年にiphoneが発表されて以降、Apple社はモバイル市場において革新的な製品をリリースし続け、Googleと並ぶ世界的なIT企業となりました。そして、そのAppleが2014年に発表した言語が「Swift」です。
ネイティブアプリの開発では、従来はObjective-Cが使われてきました。Objective-Cとは、C言語をベースにしてオブジェクト指向を採り入れた言語です。
Objective-Cは、C言語をベースとしているため、進化する環境への対応にも限界が出てきました。また、Objective-Cはもともと難しいコンパイラ言語であるC言語を基礎に、オブジェクト指向を組み入れた言語であったため、慣れたC言語エンジニアでなければ扱うことが難しいという側面がありました。そんな背景もあり生まれたのがSwiftだったのです。
Apple 社の Swift のキャッチコピーは「Swift. A modern programming language that is safe, fast, and interactive.」。RubyやPythonなどのスクリプト言語に見られる特徴も取り入れたモダンな言語です。
また、他の言語に類を見ない独特の機能ももっています。CocoaフレームワークAPIのシームレスな呼び出しやObjective-Cコードとの混在も可能です。ちなみに、Swiftは英語で、つばめの一種である「あまつばめ」という意味。またSwiftには、素早いとか俊敏といった意味もあります。

Swiftの特徴

高速な動作

Swiftは、Appleが採用している高速コンパイラLLVMをデフォルトで使用しています。Objective-Cで作成したアプリよりも高速に動作すると言われています。
また、Objective-Cで非常に面倒だった記述が、Swiftでは大幅に簡略化されています。従って、Swiftの学習コストの減少と、Swiftを利用したアプリ開発の生産性の向上が非常に期待されています。

コーディングが簡単に

Swiftは学習しやすい言語です。例えば型の指定が必要ないことや、セミコロン(;)が必要ないことなどが挙げられます。
それにはRubyやPythonなどのスクリプト言語の設計も採り入れていることが起因します。また、メモリの解放もコンパイラが行ってくれるので、コードに書く必要がありません。

軽量に動作する

Swiftの軽量さには定評があります。なぜなら、SwiftはLLVMと呼ばれる高速なコンパイラを採用しているからです。
Objective-Cよりも最大で2.6倍、Python 2.7よりも最大で8.4倍のスピードアップが可能と言われています。スマホの普及による情報量の増加を考えると、アプリがサクサク動くことは大きなアドバンテージとなります。

Objective-Cの資産も活用できる

Swiftは、Objective-Cで使っていたコードの流用もできたりObjective-Cのクラスやライブラリを利用可能など、従来のやり方との互換性も高いです。
SwiftからObjective-Cのコードを呼び出す/Objective-CからSwiftのコードを呼び出すことも可能です。

Swiftのトレンド

モバイル開発者の20パーセントがSwiftを利用しています。Mac系の開発言語としてはObjective-Cが長年主流だったため、Objective-Cはまだ3割程度はいるようです。
Swiftが誕生したことでアプリ開発のハードルが一気に下がり、未経験者が開発の道に足を踏み入れたことが一因と考えられています。プログラムの文法が複雑だった「Objective-C」に対し、簡易な構文でプログラムが組める「Swift」は初心者にもなじみやすく、汎用性も高い上に安定したアプリを作れるからです。
そして現在、スマホの開発言語シェアはAndroidをJavaが1位。次いでHTML、Javascript、そして4位にObjective-Cがつけています。Swiftのシェアは7位となっていますが、誕生から間もないにも関わらずモバイル関連の開発者の多くが利用し始めており注目のプログラミング言語になっています。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

Swiftの求人トレンド

hrogが発表したプログラミング言語別給与ランキングでは、Swiftは年俸平均で3位につけています。
求人案件ニーズに対してエンジニアが少ないことから、報酬額が上昇しているようで、今後も安定した求人案件量が期待できそうです。
今後、アプリ開発に携わりたいなら、Swiftは必須の言語となるでしょう。Objective-Cを学んだ人は比較的移行しやすいと言われているため、先んじて学んでおきたいところです。現段階の給与の高さに加えて、将来のご自身のキャリアと業界の変化を見据えた習得言語の選択をおすすめします。

1

参照:http://hrog.net/2015102624991.html

また、Appleが今後数年でSwiftを用いた開発を推奨していくことは十分に考えられ、習得しておくことに越したことはありません。何よりも、PHPやPython、Rubyといったスクリプト系言語の隆盛の流れに乗った形ですから、これは間違いなく時流を意識してリリースされた言語です。
すでに海外ではSwift言語を習得するエンジニアが急増しています。現在はまだまだJavaやPHPといった有名言語の存在感には届きませんが、Apple社のモバイル製品が世界で人気を集める限り、Swiftは成長を約束されていると言っても過言ではありません。
当然日本国内でもSwift言語を用いた開発案件が増え、アプリケーションエンジニアとしては見逃せない言語のひとつになりそうですね。

まとめ

Swift案件のトレンド、特徴、単価相場について紹介してきました。誕生から間もないにも関わらずモバイル関連の開発者の多くが利用し始めており注目のプログラミング言語になっています。
もちろん、今後も引き続き注目を集めるプログラミング言語なので、ぜひ言語を習得して、お仕事を探してみてください。
最後になりましたが、本サイトを運営しているポテパンフリーランスは、フリーエンジニアのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。
Swiftのフリーランス案件のサポート実績も豊富です!業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたい方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

最新おすすめ案件はこちら

他の人気カテゴリーを見てみる