スキルとキャリア

HTML,CSS案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件

2016年06月09日 スキルとキャリア

スイス・ジュネーブ。

1989年にイギリスの計算機科学者ティム・バーナーズ・リーがHTMLを開発した場所です。あれから27年。Webは世界を覆い尽くしました。

あらゆる産業の未来はインターネットを抜きして語ることはできず、エンジニアはクールな仕事として名実ともに知られています。

今回は、HTML,CSSのフリーランス案件トレンドについて紹介します。なお、本記事はフリーランスのエンジニアに案件を紹介するエージェントサービス「ポテパンフリーランス」がお届けしています。

いますぐにフリーランスの案件を探したい!という方はお気軽に下記からお気軽に登録してください。すぐに、ポテパンフリーランスの担当エージェントからメールにてご連絡します。無料登録はこちら

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

意外と知らないHTMLの歴史

1989年、スイス・ジュネーブにあるCERN(欧州原子核研究機構)で、イギリスの計算機科学者ティム・バーナーズ・リーによりHTMLは開発されました。ロバート・カイリューとともに、World Wide Web(WWW)を考案し、ハイパーテキストシステムを実装・開発した人物です。

CERN(欧州原子核研究機構)は当時、何千人という科学者が入れ替わり立ち代わりで訪れていました。そうなると、互いの研究状況の確認や論文などの資料を探すといった、必要な情報を効率よく共有する環境の整備が必要となりました。

これを実現するために、CERNで世界初のサーバーとブラウザが生まれます。サーバーに情報を蓄積させ、必要な時に必要な情報をブラウザで表示出来るようになったので、効率よく情報を収集する環境が整いました。また、情報と情報をリンクさせることで、とてもスマートに情報を整理することができるようになったのです。

HTML,CSSを学ぶことで道が開ける

エンジニアとしてキャリアをスタートさせる際に、まず最初の仕事は『コーダー』か『デザイナー』か『チェッカー』が多いです。 特にコーダーの仕事は、Webの基本的な知識です。そして、この仕事を踏むことで将来性に様々なルートが開けてくるのです。

1つはWebデザイナーになる道です。コーディングやマークアップの知識を獲得し、その上でデザインやカラーについて知識を高め、またグラフィック系のソフトウェアの知識や資格を得ることで、さらに幅は広がります。

そして、もう1つはコーダーとしてのテクニックを磨く道です。HTMLやCSSについて知識と経験を積み、社内の開発案件にとって欠かせない存在になることです。仮にフリーランスになっても、コーディングで案件を獲得できるので、そういう観点でもメリットがあります。

また、プログラミング方面に広げていくのも1つの道です。JavaScript等あらゆるプログラム言語について知っていくのです。他にも、サイトを立ち上げて運営する道もあり、様々な可能性をアプローチすることができます。HTMLとCSSができるというだけで、たくさんの可能性が広がっていくでしょう。

そして確実にスキルアップした後のみなさんの活躍できるフィールドは、インターネット業界に留まりません。なぜなら、これからはあらゆるモノがインターネットにつながるIoT時代が到来し、自動車や照明器具、電力を制御するメーター、あるいは農業で使われるセンサーなどもインターネットにつながる時代がきます。

ウェアラブル・家電・自動車・AV機器・産業機械など、多岐にわたって影響を及ぼすことができる領域で活躍したいエンジニアの皆さんは、いまこのタイミングで取り組むべきでしょう。

HTML,CSSの仕事内容

コーダーとは、Webデザイナーがデザインしたものを、Web上で見られるよう実際に作成する仕事を指します。

HTMLコーダーになるためには、HTML・CSSを効率的に運用する技術、 ドリームウィーバーを効率的に運用する技術が必須になります。 また、コーディングする際には、 内部SEOを加味したコーディングをする必要があるので、 SEOに関する知識なども身につけておくと良いでしょう。

複数のブラウザに対応させることこそ、HTMLコーディングの中でも最もノウハウを要求されるところで、これがサクサクできるようになってこそ、一人前のコーダーといえます。

また、当然のことながらコーディングにあたっては、そのサイトが何の目的で制作され、誰がどのように利用するのかを、しっかり理解して作業に臨むことが大切になります。

コーダーは必ずしも1人ではないですし、ずっと同じ人が担当するとも限りません。 誰が編集や更新を行っても、同じ作業ができるよう、文字コードやスタイルの命名規則、外部ファイルの管理ルールなどを取りまとめておくと、後々担当が変わったり、その人が仕事をお休みしている場合でもスムーズです。

HTML,CSSエンジニアが習得すべきこと

コーダーの働く場はWeb制作会社に留まらず、一般企業やオンラインショップの運営店舗などでもニーズが高まっています。

まず、基本となるHTMLコーディングのスキルは、最新のHTML5とCSS3をベースに習得しておきましょう。

Illustrator、Photoshopでイラストや画像の編集を学び、Webページに動きを与えるJavaScriptの基本についても知っておきたいところです。

資格を取るならサイト制作に必須のHTMLとCSSに関する高い能力があることを証明できる、Webクリエイター能力認定試験の上級資格をゲットするのが望ましいでしょう。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

HTML,CSS求人案件の単価相場は?

それでは、HTML,CSSのフリーランス求人案件の単価相場はどれぐらいになるのでしょうか。数々のHTML,CSS案件のサポート実績のあるポテパンフリーランスがお答えします。

やはり、単価を決める一番の要素はスキルです。また、そのスキルを測る基準として実務経験年数を見る採用担当者が多いのが実情です。

具体的には、以下のような単価感になります。

実務未経験(プログラミングスクール卒業したて)

20万円~25万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験半年

25万円~30万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験1年間

30万円~40万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験2年間

30万円~40万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験3年間以上

30万円~40万円/月(週5日勤務の場合)

実務経験5年間以上

40万円以上/月(週5日勤務の場合)

以上が、HTML,CSSのフリーランス案件の単価相場でした。HTML,CSSは他の言語に比べて単価相場は低い現状があります。

ただ、デザインスキルを有してるマークアップエンジニアはさらに単価が上がります。特に若いスタートアップなどでは、特にデザインとコーディングの両方が出来るフリーエンジニアは非常に重宝されるでしょう。

これから単価を上げていくのであれば、上記でもお伝えした通り、HTMLやCSSと関わりの深いJavaScriptやPHP、Rubyといったプログラミング言語、またはデザイン技術を習得していくことでしょう。

エンジニアとして駆け出しの方は、実際に案件をこなしながら習得していくと良いです。その後、他の言語も習得していけばさらに希少性が高く、報酬も高く設定できるエンジニアとなれます。

HTML,CSSの最新案件情報<随時更新中>

HTML案件一覧

コーダー案件に強いポテパンフリーランスの紹介

ポテパントップ

さて、いままでコーダー案件についてお伝えしてきましたが、最後にポテパンフリーランスの紹介をさせてください。

ポテパンフリーランスは、フリーランスエンジニアに案件のご紹介をする、エージェントサービスです。常駐型案件を多く揃えて、安定した収入を得るお手伝いをすると共に、さまざまな特徴で多くのフリーエンジニアから利用されています。

エンジニアの独立を支える万全なサポート体制

一般的なエージェントでは、サービス利用者1人1人にプロのキャリアコンサルタントがつきます。ポテパンフリーランスではキャリアコンサルタントはもちろん、フリーランス初心者が陥りやすい税・保険関連の悩みまで徹底的にサポートします。

フリーランス案件を多数保有

ポテパンフリーランスでは業界屈指のネットワークを活かし、業界で最大規模のフリーランス案件情報を抱えています。その中から、あなたに最適なフリーランス案件を紹介します。

関東だけでなく大阪、名古屋案件もサポート

フリーエンジニア案件は関東に集まりがちではございますが、大阪、名古屋と案件数が徐々に増えてきております。
現在大阪や名古屋にお住いの方でも案件サポートができるよう案件の幅を広くしてお待ちしております。

案件参画後も続く継続的サポート

ポテパンフリーランスの大きな魅力の1つが継続したサポート体制。通常のエージェントであれば仕事が決まるまでをサポートし、別の仕事を探すのであればまた1から探し直すことになります。

その点、ポテパンフリーランスでは案件参画中からキャリアコンサルタントが定期的に連絡を取り合い、現状をしっかり把握。悩みがあれば改善に努めながら、次の案件探しをサポート。案件と案件の間のブランクを取り除けるよう努めています。

技術に明るいエージェント担当が案件探しをサポート

ポテパンフリーランスのエージェント担当は、自身がエンジニアです。そのため、技術に対して明るく、フリーランスエンジニアがお持ちのスキルや経験、それから今後のエンジニアとしてのキャリアまで、表面的な話ではなく、より深いところまで相談することができます。

「エージェントがまったく技術について明るくなくて、検討違いな案件を紹介される。。。」というのは、よく聞く悩みです。ポテパンフリーランスのエージェント担当には、そんな心配はご無用です。

■キャリアコーディネーターの紹介
宮崎大地
株式会社ポテパン代表取締役社長
過去5年間にわたり、数百名のフリーエンジニア様に案件紹介をしています。自身もエンジニアなので、技術についてもしっかり理解した上で、机上の空論にならないキャリアサポートをモットーとしています。

まとめ

HTMLの歴史から具体的な仕事内容、単価相場までお伝えしてきました。

エンジニアの入口とも言える仕事。その後どのような道を選ぶかはあなた次第です。

ポテパンフリーランスでは、HTML,CSS案件のサポート実績が豊富です。ぜひ言語を習得して、お仕事を探してみてください。

最後になりましたが、本サイトを運営している「ポテパンフリーランス」は、フリーエンジニアのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたい方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング