フリーエンジニアノウハウ

ネットワークエンジニア案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件

スマートデバイスや情報セキュリティへの関心の高まり。

毎月のように、大手企業に対してサイバー攻撃があったというニュースを聞く昨今。情報セキュリティへの関心の高まりは必然と言えるでしょう。また、私たちは当たり前のようにスマートフォンを使います。それは言い換えれば、スマートデバイスに対応したネットワークの構築は不可欠ということです。

今回はそのネットワークエンジニアの需要状況を、フリーエンジニアやこれからフリーエンジニアを目指す方にお届けします。

なお、本記事はフリーランスのエンジニアに案件を紹介するエージェントサービス「ポテパンフリーランス」がお届けしています。

いますぐにフリーランスの案件を探したい!という方はお気軽に下記からお気軽に登録してください。すぐに、ポテパンフリーランスの担当エージェントからメールにてご連絡します。無料登録はこちら

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークのシステム構築や保守管理などを行う技術者のことです。

システムの設計から構築、運用、保守に至るまで全作業を請け負うため、他のエンジニア職とは一線を画す独自性があります。現場で求められる需要度も高く、非常にやりがいのある仕事でもあります。

運用の仕事はネットワークエンジニアの第一歩となる仕事です。構築・保守では、構築されたネットワーク環境を、スムーズかつ正常に動作するように管理し、コンピュータの障害が発生した場合には迅速な対応が求められます。

そして、設定・提案では、基本的にシステムエンジニアの仕事の領域となり、非常に責任も大きくなります。ネットワーク設計をするため、幅広い知識、さらには、顧客への提案や資料作成、値段交渉など全体をまとめる能力も求められます。

ネットワークエンジニアは常にネットワークの様々な分野の技術を学び続ける知的探究心が求められます。

また、ネットワーク文書は英語のものも多く、英語力も必要となります。そのため、数あるエンジニア職の中でも比較的稼ぎやすいと言われています。

近年ではスマートフォンの急速な普及により、ネットワークに繋がる端末が多様化し、その対応の強化は急務です。また、世間を賑わすサイバー攻撃の問題もあります。これらのリスクや危険性から情報資産を守ることがネットワークエンジニアにとって大きな責務であり、社会から必要とされる所以なのです。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは

ネットワークエンジニアの仕事内容は、主に3つに分かれます。ネットワーク設計、ネットワーク構築、ネットワーク監視・運用の3つです。

案件やネットワークの規模によっては設計から構築、運用までを一貫して1人の人員が担当することも珍しくありません。

ネットワークシステムの設計を行う仕事においてはセキュリティや各種OS、サーバーなどに関する幅広い知識が求められます。

また、設計・提案能力はもちろんのこと、ヒアリング力やプロジェクト推進能力なども重要です。

くわえて、ネットワークエンジニアは、設計書をもとに回線の設置などネットワーク構築も行います。無駄なコストやトラブルの発生を避けるためには、最新の製品や技術の動向、ケーブリングや機器の設置に関する知識が必須でしょう。そして、ネットワーク監視・運用では、ネットワークシステム構築後の維持管理も行います。

さらに、ネットワークエンジニアの仕事は他人との接触が多い仕事です。例えば設計・提案の決定権を持つクライアント、構築・保守では各担当部門の設計者やマネージャー、そして運用ではネットワーク利用部門。あらゆる立場の人間とプロジェクトを進めていかなければなりません。つまり、職人肌を持ちつつ、円滑なコミュニケーション能力が必要なのです。

ネットワークエンジニアのトレンドとは

不正アクセスの防止、通信量増大によるネットワークトラフィック解消など、ネットワークエンジニアの周りの環境は常に変化しています。

同時に、新しい問題に対応するために、ネットワークエンジニアは最新の知識や技術を獲得していくことが求められています。

近年スマートフォン端末の急速な伸び、スマートデバイスからアクセス対応可能なネットワークシステムの構築は必須です。また、テクノロジーの進化と平行して、セキュリティの重要性も増しています。誰もが安心して利用出来るネットワークは、あらゆる業界で求められているのです。

ネットワークエンジニアの求人トレンドは

ネットワークエンジニアは将来性と安定性が見込める仕事と評価されることも多い仕事です。

ここ最近では、新規ネットワーク設計・構築を行う案件が少なくなっているため、ネットワークエンジニアの仕事は保守・監視・運用が中心です。この点から、ネットワークエンジニアの将来性を不安視する声もあります。

しかし、ネットワークインフラは企業にとって常に生命線。役割は変われど、ネットワークエンジニアとしての仕事は今後もなくなることはないでしょう。むしろ、今後はネットワークの膨張に伴って、仕事は増えていくのです。

しかし、他のITエンジニアと同様に、ネットワークエンジニアも時代の流れを捉え、常に自分をその中心に置くマーケット感覚は必須と言えます。先にも述べた通り、スマートフォンの急速な普及やセキュリティへの関心の高まりは、ネットワークエンジニアにとっては追い風です。

実際に、ネットワークエンジニアは、慢性的な人手不足が続いており、雇用形態を問わず引く手あまたの状態です。どの求人サイトを見ても他のポジションと比べると高時給の募集も目立ち、未経験でも努力次第でネットワークエンジニアとして活躍できるでしょう。あらゆる業界で求められる貴重な人材として、キャリアチェンジの際にも非常に有利であり、高年収を実現しやすい職種といえます。

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

ネットワークフリーエンジニアの求人案件の単価相場は

フリーのエンジニアが受け取る報酬の相場は一般的にプログラマで「40~60万」、システムエンジニアで「60~80万」と言われています。もちろんスキルや時間によりますが、一般的にはネットワークエンジニアだと一人前のエンジニアでだいたいの相場は月60万円~高い方で100万円程です。

ネットワークエンジニアの仕事は社内インフラの構築。つまり、非常に重要度の高い役割です。セキュリティーの上、簡単に外部委託しづらい側面もあり、将来にわたって安定した仕事を確保できる強みがあります。常に特別な立ち位置でプロジェクトに携われ、仕事にやりがいを求める方にとって、理想的なキャリアパスといっても過言ではありません。

まとめ

スマートフォンの急速な普及やセキュリティへの関心の高まりは、ネットワークエンジニアにとっては追い風な一方、人手は足りない状況です。

そのため、正社員のみならずフリーランスの案件も増加傾向にあります。まずネットワーク経験が豊富なエンジニアの方は、当分は案件に困ることはないことを考えると、投資する価値はあるでしょう。ぜひ習得し、お仕事を探してみてください。

最後になりましたが、本サイトを運営しているポテパンフリーランスは、フリーエンジニアのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたい方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング