フリーエンジニアノウハウ

【読んで損なし!】フリーランスになると決心したならば!会社を退職する前にやっておくべきこと

「会社を退職して、フリーランスになろう!」

そう意気込む、そこのあなた。これからの自分のキャリアに、大きな期待と希望を抱いていることでしょう。

決心がついたら、人はすぐに行動したくなるもの。あなたも、今すぐにでもフリーランスとして自分の手で仕事をしていきたいと考えていることでしょう。

ただ、「エイヤ!」と会社を退職するは、ちょっと待ってください。あなたが、フリーランスとして最大限の力を発揮して、きちんと自分の手で稼いでいくためには、会社を退職する前にやっておくべきことがいくつかあります。

今回は、フリーランスへの転身を本気で検討している方へ、会社を退職する前にやっておくべきことを具体的に紹介していきます。はやる気持ちをぐっとこらえて、まずはこの記事をお読みいただき、参考にしていただければと思います。

なお、この記事はフリーランスエンジニアへ案件紹介をするサービス「ポテパンフリーランス」がお届けします。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

クレジットカードを作っておこう

会社を退職して個人事業主になると、びっくりするぐらい社会的な信頼がなくなります。それはいくら稼いでいても、なかなか覆せるものではありません。

そのため、クレジットカードも個人事業主は作ることができなくなってしまいます。そのため、できる限り会社員のうちにクレジットカードは作成しておきましょう。また、カードの利用上限も上げておきましょう。

個人で保有するクレジットカードとは別に、法人カードと一般的に呼ばれる個人事業主・中小企業経営者のクレジットカードもあります。個人事業主であれば、プライベートな利用と経費との区別をつけやすくなるなどメリットがあるので、作る人も多いです。

しかし、法人カードを作るためにも、事業の営業年数は3~5年以上、さらに2期連続で黒字経営されていることが目安と言われています。独立直後に、法人カードを作るのは難しそうですね。

個人事業主になると、予測のつかない事態が起こることがあります。いきなり予想もしない支出が発生したりします。もしそうなった場合に、クレジットカードで先払い出来るのと出来ないのとでは大きな違いとなるでしょう。

法人カードに関しては、こちらの記事に詳しく書いてありましたので、ぜひご覧ください。

引っ越しを済ませておこう

引っ越しもクレジットカードと同様、個人事業主には大きな壁となります。

フリーランスになるにあたり、できる限り生活費を下げようと会社員時代よりも安い賃貸物件に引っ越しをしようと検討する方も多いと思いますが、これがかなわないことがあるのです。

ちなみに、ポテパンフリーランス編集部メンバーが個人事業主(フリーランス)時代に、賃貸を借りようとした時は、「直近3ヵ月の収入証明」を求められました。その3ヵ月分がしっかり黒字化しており、家賃を払えるだけの力があるのかをチェックされたようです。

そのメンバーは無事入居することが出来ましたが、「直近3ヵ月の収入証明」が黒字化していても、入居を断られた人もいるので、できるだけフリーランス生活を見越して、引っ越しは会社員時代に済ませておくといいですね。

人脈をつくっておこう

フリーランスになると、会社員の時以上に人脈の大切さに気付くことでしょう。

フリーランスは、会社員時代と違って、毎日会社に行けば仕事が用意されているわけではありません。自ら営業活動をして、仕事を見つけていかなければなりません。これを、まったく人脈がない状態でおこなうのは、かなり酷だと思ってください。やはり、会社員時代にできる限り人脈を作っておいた方がいいでしょう。

なお、人脈を作るコツについては、こちらの記事に詳しく書いておきましたので、ぜひご覧ください。ちなみに、
・できるだけビジネスパーソンとして人と出会うようにする
・同年代とのつながりを大切に
・会社員時代からエージェントに相談しておく
このあたりが、人脈を作るコツになります。

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

独立後もある程度稼げる目途を立てておこう

一大決心をして、会社をやめてフリーランスになったにも関わらず、稼げないことが理由で、サラリーマンに逆戻りするのはいやですよね。

ただ、「独立しても、誰かが仕事くれるから、食べていけるでしょ!」と根拠のない自信と甘い見積もりのために、結局稼ぐことができずにキャッシュアウトしてしまう人の話をよく聞くのも事実です。

出来るだけ、独立してもすぐにキャッシュインするような状況を作っておきましょう。そのために、会社員時代から副業として受託開発を手掛けたり、会社員時代から独立後に案件や仕事を紹介してくれるエージェントと話をすり合わせておいたりと、やれることはたくさんあります。

独立後にある程度稼げる目途を立てるためにやるべきことは、こちらの記事に詳しく書いておきましたので、ぜひご覧ください。

円満に退社をしよう

会社を退職する際は、どうしても何かしらで会社側と揉めてしまうことがあります。

もう、これはある程度しょうがないことだと割り切りましょう。

ただ、何かしらで揉めてしまった後、あなたがどのような行動を取れるかが重要になります。退職時はなかなか分かり合えなくても、半年ぐらい経った後に感謝を伝えに行けば、なんだかんだお互い分かり合えるものです。退職した会社から仕事を発注してもらえるような関係が築ければ、お互いハッピーですよね。

ましてや、引き継ぎ作業などをすっぽかして、会社に迷惑をかけることなどはしないようにしましょう。特に、IT業界は狭い世界なので、人の評判などはすぐに広がりますので、円満退社できるようにしましょう。

まとめ

今回は、フリーランスになろうと決心した方が、会社を退職する前にやっておくべきことをまとめました。

フリーランスになろうと決心すると、どうしても未来にばかり目がいってしまい、現状やるべきを見落としがちになります。フリーランス人生をより良いものにするために、会社員時代にやっておくべきことは、しっかりやっておきたいものですね。

最後になりましたが、本サイトを運営しているポテパンフリーランスは、フリーエンジニアのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。

我々は、フリーランスとして一歩を踏み出そうとしている方、踏み出した方のパートナーでありたいと思っています。業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたいエンジニアの方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング