フリーエンジニアノウハウ

フリーエンジニアの営業手法4選【仕事を獲得するために】

フリーエンジニアは、自分で仕事を獲得しなければなりません。会社員エンジニアだった頃は、営業部隊が受注を取ってきてくれたりと、特に自分からアクションをせずとも仕事は割り振られていたでしょう。

しかし、フリーエンジニアは待っていても仕事が割り当てられることはありません。何かしら自分からアクションを起こさなければ仕事を獲得することは出来ません。仕事がなくてはフリーエンジニアは続けられませんね。

とは言いつつ、自ら企業に対してDMやテレアポなどのアウトバウンド営業を仕掛けるのも骨が折れるでしょう。その時間があるなら、もっと開発に時間を割きたいですよね。

今回は、そんな境遇に置かれたフリーエンジニアが仕事を獲得するための営業手法についてまとめました。ぜひ、この記事を参考にして、しっかり仕事を獲得していっていただければと思います。

なお、この記事はフリーエンジニアへ案件紹介をするサービス「ポテパンフリーランス」がお届けします。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

知り合い経由で仕事をもらう

自分の知り合いに、何か開発の仕事がないかと相談してみるのもれっきとした営業活動です。独立直後であれば、Facebookで「退職しました」など「フリーランスとして手伝わせてください」などを投稿するのもいいかもしれません。そこから仕事につながったという話はよく聞きます。

実際、インターネット事業を生業にしている企業であれば、多くの企業が開発リソースの確保は課題となっています。特に、スタートアップやベンチャー企業は猫の手も借りたいと言ったところでしょう。あなたが持っているスキルや経験と企業側のニーズがマッチすれば、あとは条件面をすり合わせるだけです。

このような、ビジネスにつながる人の繋がりを人脈と呼ぶのでしょう。人脈の作り方については、こちらの記事に詳しく書いておきましたので、ぜひご覧ください。

Wantedlyで探す

Wantedlyは、スタートアップやベンチャー企業が求人を載せることができるサービスです。Facebook上でWantedlyの求人記事がシェアされているのを見たことがある方も多いかと思います。

Wantedlyに掲載している企業の多くも、やはり開発リソースを求めている企業が多いようで、Topページの検索窓から「フリーランス」と打ち込んでみると、フリーエンジニアを求めている企業が多数ヒットします。

もし、興味のある企業があれば、自分のプロフィールを充実させて「話を聞きに行きたい」ボタンを押してみましょう。そこからその企業との面談に進めるかもしれません。

まだ規模小さいスタートアップなどで働きたいフリーエンジニアの方にとっては、相性のいい営業手法と言えますね。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

クラウドソーシングサービスに登録する

クラウドワークスランサーズが代表するクラウドソーシングサービスを活用することで、在宅ワークやリモートワークでも対応可能なお仕事を探すことが可能です。地方在住の方や妊娠中のママさんなどの利用が増えているようです。

発注側が個人やスモールB(少人数の企業)が多いのであまり単価の高い仕事は獲得しにくいですが、隙間時間や土日を使ってお金を稼ぐにはもってこいの営業ツールとなります。

エージェントを活用する

フリーエンジニアに対して案件を紹介するエージェントサービスを活用することで、営業活動を代行してもらうという選択肢もあります。「開発以外やりたくない!」というフリーエンジニアの方に特におすすめです。

また、独立直後で収入が安定していないフリーエンジニアの方は、まずはエージェント経由で案件に参画することをおすすめします。週2日~週5日稼働できる案件に参画することで、安定的な収入を確立することができます。

自分のサービスを作りたいという理由で独立される方も多いと思いますが、安定した収益基盤がある上でそのサービスの開発に取り組む方がより成功確率は上がると思います。やはり、収入が安定しないまま新規サービスに取り組むのは精神的にかなりつらいでしょう。。

なお、フリーランス初心者を対象にした案件紹介サービス「ポテパンフリーランス(弊サービス)」があります。週5日勤務のフルタイム案件が多くを占めていますが、週3日勤務のみの案件も増えてきています。ぜひ業界のプロに案件探しをお願いしてみましょう。実際に、多くのエンジニアの方が、ポテパンフリーランスを活用することで、フリーランスの第一歩目を踏み出しています。

あなたに合った案件を紹介してくれるのはもちろん、あなたとクライアントの間に立って、単価交渉や案件への参画期間のすり合わせなどを代行してくれます。

まとめ

今回は、フリーエンジニアが仕事を獲得するための営業手法についてまとめました。この記事を参考にして、ぜひ自分に合った営業手法を見つけていただければと思います。また、エージェントを活用して平日はクライアント先で働いて、土日や隙間時間を活用して知り合いの会社の開発を手伝うなどの合わせ技もどんどん試してみてもいいかもしれません。

最後になりましたが、本サイトを運営しているポテパンフリーランスは、フリーエンジニアのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。

我々は、フリーランスとして一歩を踏み出そうとしている方、踏み出した方のパートナーでありたいと思っています。業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたいエンジニアの方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング