フリーエンジニアノウハウ

フリーランスになると決心したならば!会社を退職する前に人脈を築いておこう!

フリーランスという働き方が一般化されはじめ、「会社を退職してフリーランスになりました!」などのFacebook投稿もよく見られるようになりました。

いままでは、憧れはしていたもののよく実態がわからなかったフリーランスという働き方について、身近に感じはじめている方も多いと思います。「次は自分も!」とフリーランス化を計画されている方もいるでしょう。

ただ一方で、「エイヤ!」と何も見通しを立てずにフリーランスに転身された方が、売上をあげられることが出来ずに、密かにまた会社員に戻っていっているのも事実。

もちろん、会社員へ戻ることは何も悪いことではありませんし、フリーランス化へ一歩足を踏み出したことは、称賛に値するチャレンジでしょう。

しかし、フリーランス化という一大決心をしたからにはそれを成功させるべく、事前に出来ることがあるならば、準備してもしすぎることはありません。

今回は、フリーランスへの転身を検討している方が、会社を退職する前にやっておくべき「人脈形成」についてまとめました。「エイヤ!」と一気に踏み出してしまう気持ちをぐっとこらえて、まずはこの記事を読んでいただければ幸いです。

この記事は、フリーランスエンジニアへ案件紹介をするサービス「ポテパンフリーランス」がお届けします。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

なぜ、人脈が必要なのか

フリーランスになると、真の意味で人脈の大切さに気付くことでしょう。

フリーランスとして働くということは、いい意味でもわるい意味でも、企業の看板に頼ることなく、自分という看板のみで食べていくことになります。そして、それは、自分に対して仕事を発注してくれるクライアントがいることと同義になります。会社員のように、どこかの部署に配属され、仕事が振り分けられることなどありません。

それでは、どのようにして、自分に対して仕事を発注してくれるクライアントと出会えばいいのでしょうか。

そのこたえのひとつが、会社員時代に人脈をつくっておくことです。フリーランスになってからでも、人脈をつくることは可能ですが、人脈は指数関数的に増えていくものなので、まずは会社員時代に、できるだけ多くの人脈をつくっておきましょう。

発注するクライアントの立場からすると、人となりや仕事ぶりを何も知らない人に対して、仕事は頼みずらいものです。やはり一度面識があったり、そのクライアントの知り合いからの紹介など、ある一定の信頼感のある人に対して優先的に仕事を頼みたいものです。

そのため、フリーランスは丸腰でクライアントに向かっていくというよりは、それまで築いてきた人脈を頼りに、仕事やクライアントと出会っていくのです。

どのように人脈を築けばいいのか

さて、それでは、会社員時代にどのように人脈を築けばいいのでしょうか。3つポイントをまとめました。

できるだけビジネスパーソンとして人と出会うようにする

ビジネスはお互いに経済的な利害が一致している関係が理想なので、まずあなたがどのような価値を提供できるのかを知ってもらう必要があります。そして、そのためには、ビジネスパーソンとして人と出会っていきましょう。

エンジニアはエンジニアとして。デザイナーはデザイナーとして。このように、ビジネスパーソンとして自分をタグ付けしてもらえる出会い方を心がけましょう。

意外にも、フットサルやトライアスロンチームに参加することでビジネス的な人脈を広げようとする方もいますが、それでは、自分をビジネスパーソンとしてタグ付けするのは難しいでしょう。(今回はあくまでもフリーランスとして仕事をもらうための方法論についてです。)

そのため、ビジネスパーソンとして人脈を築くためには、王道ですが同業界の勉強会やセミナーに参加したり、会社の同僚にいろいろな人を紹介してもらったりと、あくまでビジネスパーソンとしていろいろな人に出会えるようにしましょう。

そのようなビジネス上のゆるいつながりが、意外にも仕事につながることに、フリーランスになったあなたは驚くことでしょう。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

同年代とのつながりを大切に

いざ、人脈を築こう!とすると、いかにして年上のえらい人とお近づきになるかと考える人が多いのではないでしょうか。

もちろん、年上のえらい人に気に入ってもらえて、自分も価値を提供できる関係になれれば言うことはありません。ただ、現実はそうは甘くはありません。

ただ、そこで落ち込む必要はありません。むしろ、年上のえらい人と出会うよりも効果的な方法があります。

それは、同年代とつながることです。それも、できればプライベートな場ではなく、ビジネスパーソンとして出会えるのがベストです。

特に、同年代のフリーランス仲間や起業家仲間は、お互い悩みが似たり寄ったりなので、その悩みを解決するためにお互い助け合っています。そのコミュニティの中で仕事がやり取りされることもあれば、誰か人を紹介してくれる場合もあります。

そのため、できるだけ同年代が参加するような勉強会やセミナーに参加して仲良くなって、Facebookなどでつながっておくといいかもしれませんね。

会社員時代からエージェントに相談しておく

フリーランスに対して案件や仕事を紹介してくれるエージェントに、会社員時代に相談しておくことも、人脈を築く一環と言えるでしょう。

やはり、フリーランスになってからの売上の見通しなどを多数のサンプルをもとに把握しているのは、エージェントです。フリーランスになる上で一番心配なのは、「果たして売上を上げて食べていけるのか」についてでしょう。その点について、きちんと回答できるのがエージェントです。

ポテパンフリーランスは、フリーエンジニアを対象に案件や仕事を紹介するサービスなので、フリーランスへの転身を検討しているエンジニアの方々の相談はいつでも受け付けております。ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

まとめ

フリーランスへの転身を検討している人が、会社員時代に人脈を築いておく必要性や方法論についてまとめてきました。冒頭にも書きましたが、「エイヤ!」とフリーランス化へ一歩を踏み出す勇気と同じぐらい、フリーランスになってやっていけるだけの準備をしておく必要があります。

最後になりましたが、本サイトを運営しているポテパンフリーランスは、フリーエンジニアのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたいエンジニアの方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング