フリーエンジニアノウハウ

独立に潜むリスクをできるかぎりゼロに近づけるための対策

独立をしてフリーランスとして働くという生き方に憧れる人が多くなってきています。イケダハヤトさんをはじめ、独立をして活躍されている方々をインターネット上の記事で見て、「自分もあんなふうになりたいな。。」と思っている方も多いでしょう。ただ、そうはいっても「独立して本当に生きていけるのか」と漠然とした不安に襲われる方もいらっしゃると思います。

人間は現状維持を一番心地よく感じるので、新しい挑戦をする際には非常にエネルギーを要します。そしてそのなかでも「独立をする」ということは、いままでの働き方を大幅に変えることなので大きな不安に襲われるのは当たり前です。ただ、だからといって、独立をしてフリーランスとして生きていくことを諦められるものでしょうか。「そこまでして独立したくないよ」という人もいるとは思いますが、「いや、絶対独立してやるんだ!」という人もいらっしゃると思います。

今回は、独立に潜むリスクを具体的に分解して、それに対する解決策についてお伝えできればと思います。この記事が独立を目指す人の最初の一歩のサポートになれば幸いです。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

そもそも独立に潜むリスクとは何か

まず、独立に潜むリスクを具体的に分解してみようと思いますが、大きく分けると以下の2つに分解されるのではないでしょうか。
・定期的な収入は見込めるのだろうか。
・独立に失敗したとして、再就職はできるのだろうか。
要は、収入の不安とキャリアの不安が独立に潜むリスクであると筆者は考えています。

「独立してフリーランスになったとして、定期的にお金を稼げるだろうか」
「独立して家族を養っていけるだろうか」
「もし独立に失敗しても、自分を採用してくれる企業はあるだろうか」
などなど、こんなところが独立に憧れながらも一歩を踏みだせない人の考えていることではないでしょうか。

それでは、そのようなリスクに対して、どのような対策を用意すればいいのでしょうか。以下でみていきましょう。

独立をして軌道に乗るまでの期間を耐えるためのリスクヘッジを用意

それでは、独立に潜むリスクが具体化されたので、それに対する対策をお伝えします。
まず結論をさきどりすると、独立をして軌道に乗るまでの期間を耐えるためのリスクヘッジを用意しましょう、ということに尽きます。あたりまえではありますが、独立をしてフリーランスとして仕事に困らなくなれば、いままで挙げてきたリスクなどどうでもよくなります。そのため、独立をして軌道に乗るまでの期間をどのようにリスクヘッジするかが論点となります。そして、それには以下の4つの具体的な対策があります。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

①独立前に5万円でも副収入をつくっておく

独立前に5万円でも定期的な副収入があると、経済的にも余裕がもてますし、精神的にも安定します。ちなみに、毎月5万円程度であれば、けっこう簡単に稼げます。その方法論については他のサイトに譲るとして、会社員時代に5万円でも副収入を仕込んでおくといいでしょう。

②生活水準を下げておく

独立をする目的として、会社員時代よりも収入をアップしたい!という人もいらっしゃると思いますが、独立をして軌道に乗るまでは、できるだけ生活水準を下げましょう。実家に帰れる人は親に頭を下げればいいですし、シェアハウスもあります。そして飲み会の頻度を少なくすれば、驚くほどお金を使わないことに気が付くと思います。

③人脈を築いておく

成長中のベンチャー企業などは、慢性的にマンパワー不足なので猫の手も借りたい状態です。特にエンジニアは重宝されます。そのため、できるだけ設立2-5年ぐらいで調子がよさそうな企業の社長や採用担当者と顔見知りになっておくと、独立したタイミングで仕事がもらえるかもしれません。

④転職活動をして、自分の市場価値をきちんと認識しておく

「独立に失敗しても大丈夫だ!」と実感のある人は精神的に安定して、フリーランス生活にのぞめます。エンジニアは、今後も売り手市場が続くと思われますので、もし独立に失敗しても複数の企業から声がかかるでしょう。そして、それを実際に転職活動をして、自分の肌感覚として知っておきましょう。もし、独立に失敗したら企業に就職すればいいだけですし、そのリスクヘッジがあるからこそ、前向きに取り組めます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上が筆者の考える独立に潜むリスクをできるかぎりゼロに近づけるための対策でした。
ちなみに、ポテパンフリーランスはエンジニアの独立をサポートしています。フリーランスエンジニア向けのお仕事紹介をはじめ、税金などのファイナンス関連の相談にも無料でのっておりますので、お気軽にご連絡ください。

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング