フリーエンジニアノウハウ

フリーランスライターってどんな仕事?仕事の受け方や報酬について

フリーランスライターの仕事内容

フリーランスの中でも特に人口が多い職業の一つがライターです。特別な機材や資格は不要で、パソコンとインターネット環境があり、日本語の読み書きができれば誰でもなることのできるフリーランスライターは、子育てで家から出ることの難しい主婦の方を中心に人気の職業です。

一口にライターといっても様々な仕事があります。ひと昔前まではライターといえば雑誌や新聞、本など紙媒体に掲載する記事を作成する仕事が一般的でしたが、最近ではホームページやWebサイトなどに記事を投稿する、「Webライター」という仕事も増えてきています。

フリーランスライターの仕事内容は、テーマに沿った記事を作成することです。テーマや企画はライター自身が出版社やWebサイトの運営会社に売り込む場合もありますが、記事の掲載元からテーマを指定されることもあります。記事の構成や段落当たりの文字数など細かく指定される場合もあります。また必要に応じて取材やインタビュー、写真撮影なども行います。

フリーランスライターになるには

誰でもなれるフリーランスライターですが、継続して案件を獲得していくためにはそれなりの準備が必要です。安定して働けるフリーランスのライターになるにはどうすればいいのでしょうか。

スクールや講座を受講する

編集者やライターの養成学校に通ったり、ライター講座を受講するという方法があります。現役のライターや編集者が講師を務める講座も多く、費用は数万円~数10万円以上かかることも珍しくありません。仕事の斡旋を受けられたり人脈を広げることもできるため、ライタースキル獲得だけでなくビジネスチャンスの拡大にもつなげることができます。

出版社や編集プロダクションで経験を積む

フリーランスとして独立する前に、出版社や編集プロダクションなどでライターとしての経験を積むのもいいでしょう。いくら文章力に自信があったとしても未経験でいきなりフリーランスライターになるのは不安が大きいものです。特に雑誌など紙媒体のライター求人はそのほとんどが経験者の募集となっています。そのためまずはアルバイトや会社員として実際の仕事内容に触れ、ある程度の経験を積んでから独立するのがより安全です。

未経験者可の案件で経験を積む

Webライターであれば未経験者の求人も少なくありません。そのため特にスクールに通ったり実務経験を積むことなくすぐに仕事を始めることができます。未経験者可の案件でWebライターとしてのスキルを徐々向上させながら、より高いスキルを求められる高単価の案件獲得を目指すのもいいでしょう。

フリーランスライターに必要な能力・スキル

ライターには当然文章作成能力が求められますが、フリーランスとして活躍していくためにはそれ以外にも多くのスキルが必要となります。

専門知識

ファッションや音楽など専門的な記事を作成するためには、その分野に関する専門知識が必要不可欠です。取材やリサーチをして記事を作成するにしても、ある程度土台となる知識がなければポイントを外さずに深みのある記事を作成することはできません。また、より専門性を高めることでライターとしての付加価値を付けることができます。

企画力

自ら企画を持ち込んで仕事を得るスタイルの場合は、企画力も重要となります。同テーマの記事を書くにしても、独特の切り口であったり読者を引き付ける構成であったりと魅力的な企画を立てることができるか否かが、他のライターとの差別化につながります。また自分の企画を効果的に売り込むためのアピール力を磨くことも大切です。

柔軟性

Webライターのように様々な媒体に様々なテーマの記事を執筆する場合は、それぞれの媒体やテーマに応じて文体や表現方法を変える必要があります。初心者向けのサイトに小難しい専門用語を羅列したり、ファッションや美容サイトに学術書のような堅苦しい文章はマッチしませんよね。

コミュニケーション能力

ライターは文章を書くだけでなく取材やインタビューを行うこともあります。相手から目いっぱい情報を引き出し、じっくりと取材を行うためにはインタビュー相手や取材する施設、現場等で働く方々とうまくコミュニケーションを取ることが重要です。

フリーランスライターの平均給与・年収

フリーランスライターの収入は執筆する媒体や記事の内容によって大きく変わってきます。

一般的には雑誌や新聞などの紙媒体の方が単価は高く、1記事あたり5,000円~2万円ほどとなっています。取材を行った場合は別途経費が支払われることもあります。Webライターの場合は文字単価としている案件が多く、1文字あたり0.3円~1円ほどで1記事数百円~5,000円前後が相場です。より専門性の高い記事ほど単価が高い傾向にあります。紙媒体、Webともに名指しで執筆依頼が来るようになればベースの単価は一気にアップし、仕事の依頼も増えて安定した収入を得られるようになります。

仕事を探すときの注意点・ポイント

常に仕事がもらえて安定した収入を得られる会社員とは違い、フリーランスはいつでも仕事があるという分けではなく、仕事がなくなればすぐに収入減につながってしまいます。そのため仕事探しは実際の仕事と同じ、むしろそれ以上に重要なプロセスです。この仕事探しに失敗しないために心に刻んで置くべき注意点・ポイントについてご説明します。

複数のクライアントを持って契約解除リスクに備える

契約していた会社が倒産した、サービスが終了になった、雑誌が休刊となったなどなど、突然仕事がなくなってしまう可能性は少なからず存在します。すぐに次の仕事が見つかれば問題ありませんが、そううまくいかないことの方が多いでしょう。このようなリスクに備えるため常に複数のクライアントを持ち、「仕事がなくツテもない」という状況を回避しましょう。

口約束ではなくしっかり契約を結ぶ

フリーランスのライターが仕事の依頼を受ける際は、単価や納期、取材や打ち合わせの有無や経費の支払いなどについてクライアントと合意を取ったうえで契約を結びます。契約締結の際は契約書を作成するのが一般的ですが、顔見知りのクライアントであったり急ぎの依頼で契約書を交わす時間がなかったりなどの理由で口約束のまま契約に進むケースもあります。しかし、後になって経費が支払われなかったり単価が契約時のものと違っていたりとトラブルが発生した場合、契約書がないと思わぬ損失を被る危険があります。どんな状況での契約であっても、口約束ではなく必ず契約書を交わすことが大切です。

高収入を目指すポイント

会社員であれば勤続年数に従って収入がアップしていきますが、フリーランスが高収入を得るためにはいろいろな工夫が必要になります。

営業・案件獲得の効率化

フリーランスライターは仕事の数が収入に直結します。常に仕事を抱え高い稼働率を維持するためには、効果的な営業活動が欠かせません。クラウドソーシングやエージェントサービス、知人や友人からのコネクション、雑誌社やメディアへの売り込みなどいくつかの手法を使って同時に営業をかけることが大切です。そのうえで自身のポートフォリオを作成し、Webに公開したりPDF化して常に持ち歩きましょう。どのようなスキルがありどのような記事が書けるのかを客観的に判断できるため、依頼側が依頼しやすくなります。

紙媒体のほうがWebより高単価な可能性が高い

一般的にはWeb上の記事よりも雑誌や新聞など紙媒体の記事の方が単価は高くなります。その分取材や写真撮影、打ち合わせなどの執筆以外の作業が多くなったり、一定年数や特定の分野でのライターとしての経験などが求められるなどWebライターに比べてハードルが高くなる傾向がありますが、高単価を目指して紙媒体案件に的を絞るのもいいでしょう。

実績を作って単価UP

勤続年数や仕事上の成果によって自動的に給与が上がる会社員とは異なり、フリーランスが収入をアップさせるには自ら単価交渉をする必要があります。クライアントへの単価交渉はなかなか難しいものですが、実績を積むことで交渉がしやすくなります。その際、クライアントが単価アップの判断をしやすいようにポートフォリオを準備しておきましょう。

スキルアップで付加価値を付ける

エンジニアのように分かりやすい資格がないためライターのスキルは客観的に評価しにくいものですが、文書作成だけでなく写真撮影や編集、構成などの付加価値を付けることで単価アップを図ることができます。また、特定の分野の資格を取ってお料理ライターやファッションライター、温泉ライターなどのようにその道のライターのスペシャリストを目指すのもいいでしょう。

まとめ

フリーランスの中でも比較的なりやすい職業であるライターですが、本格的に活動していくためにはそれなりの準備や注意も必要になってきます。これからフリーランスライターになってみたいを考えている人は、理想できなフリーランスライフを送るためにもまずはしっかりと準備をしましょう。また、クラウドソーシングなどで気軽にできるライター仕事を試し、仕事の雰囲気をつかんでおくのもいいでしょう。

ポテパンフリーランスの案件サポートはこちら

ポテパンフリーランス無料登録はこちら
フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング