キープリスト
  1. フリーランスエンジニア案件情報サイト
  2. フリーランスエンジニア案件一覧
  3. プロダクトの開発

案件詳細ページ

プロダクトの開発

~800,000円/月

ココがおすすめ!

南北線、六本木一丁目駅から徒歩4分、通勤しやすい立地です!

業務内容

技術選定や、現状のシステムでは解決が難しい課題への対応検討、 売上をダイレクトに上げる施策提案など、主体的に設計・実装・運用までリードできる方を募集しています。
・さらなるレコメンドロジックの最適化
・より緻密な、より高速な広告配信サーバの開発
・新しい広告配信面・広告フォーマットの展開

勤務地

六本木一丁目駅

開発環境

・言語:Go、Python、Ruby
・Webフレームワーク:Rails(Ruby)、kami(Go)
・分析・科学計算ライブラリ:scikit learn、scipy、pandas、numpy
・RDBMS:MySQL
・インフラ、ミドルウェア、SaaS:AWS、Akamai、Aerospike、Docker、Treasure Data
・CI/DevOps:circleci、Itamae
・監視:Sentry、Datadog
・モニタリング:re:dash
・ソースコード管理:git

必須スキル

・下記1~3を設計から実装まで一気通貫して開発した経験
 1. toB向けシステムのサーバサイドの開発
 2. 100億レコード/月程度のログデータを扱うプロダクトの開発
 3. 高トラフィック処理/レスポンス速度が求められるプロダクトの開発
・Githubによるチーム開発経験
・AWSによるインフラの構築・運用経験
・静的型付け言語のスキル

尚可スキル

・Goによる開発経験が3年以上
・技術選定や開発フローの改善などテックリード経験
・データ構造やアルゴリズムの知識

キーワード

Go / AWS

ご登録いただくと、全ての求人の応募条件をご覧いただけます

会員登録して詳細を確認する

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

お仕事の単価相場

一緒に使われているスキル

Go の求人・案件について

Goは2009年にGoogleのエンジニアが開発した、比較的若い開発言語です。正式な名称はGoですが、Go言語やGolangと表現されることが多数あり、すでにこれらの名称で認知されてしまっています。海外ではすでにある程度の地位を得ている言語で、日本でも徐々に採用が広まりつつあります。
他言語と比較したときの特徴は、Goはフロントエンドやサーバーサイドを手広くカバーしているというよりは、WebAPIや大量データのバッチ処理など、サーバーサイドの処理に多く使われています。実際にGo案件を検索してみると、インフラ寄りの案件が多くヒットします。
歴史はまだ浅いこともあり、案件数も今のところ少なめです。しかしIoTやAI、ビッグデータへの需要の高まりと同時に今後の案件数の伸びには十分期待できます。競合エンジニアが少ない今のうちに学習するのもアリです。興味がある方、ぜひポテパンでGo案件を検索してみてください。

Go案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件