キープリスト
  1. フリーランスエンジニア案件情報サイト
  2. フリーランスエンジニア案件一覧
  3. 【フルリモート可】新規プロダクト、ウェブサイト作成SaaSのインフラエンジニアを募集!

案件詳細ページ

【フルリモート可】新規プロダクト、ウェブサイト作成SaaSのインフラエンジニアを募集!

~1,200,000円/月

ココがおすすめ!

急成長中のスタートアップの新規事業立ち上げに携われます!

業務内容

▼仕事概要
新規プロダクトの「ウェブサイト作成SaaS」のインフラを主導して頂きます!

【業務内容】
- 新規事業におけるインフラ構築業務

勤務地

渋谷駅

開発環境

Go
Python/Django
GCP

必須スキル

- DNS / Load Balancerに関する知識
- GCPを利用したシステム開発経験
- Kubernetesの設計・運用経験 1年以上
- 負荷テストの実施経験

尚可スキル

- CI/CD(CircleCI等)、DevOpsに関する知識、経験
- Terraformsに関する知識、経験
- Nginxの運用経験
- Python / Djangoを使った開発経験
- Nodejs / NuxtJSを使った開発経験

特徴

高単価 / 自社サービス / リモート勤務可 / 長期

キーワード

GCP

ご登録いただくと、全ての求人の応募条件をご覧いただけます

会員登録して詳細を確認する

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

お仕事の単価相場

一緒に使われているスキル

GCP の求人・案件について

GCP(Google Cloud Platform)は、Googleが提供しているクラウドであることから分かるように、G SuiteやGoogle MapなどのGoogleのサービスとの連携が得意なのが強みです。GCPに特化した、いわゆるGoogle認定パートナーであることをウリにしている企業の案件もよく見かけます。インフラ案件でGCPの技術を求めるのはむしろ少数で、アプリ開発案件においてインフラをGCPに構築する、という案件の方が多くあります。総じて見るとGCPの案件はまだまだ少数で、やはりAWSに押されているのが顕著です。GCP案件を検索しても「AWS/Azure/GCPなどのクラウド上での開発経験」といったザックリした要件の案件か、または先に述べたアプリ案件でインフラ要件としてGCP、という案件が多いのが実状です。ただしGoogle自体がGCPの普及にかなり力を入れていることから、徐々に案件は増えてくると予想されます。GCP案件に興味のある方は、ぜひポテパンで検索してみてください。

GCP(Google Cloud Platform)案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件