フリーエンジニアノウハウ

フリーランスWebデザイナーになる!成功するコツを教えます!

インターネットの発達によって今は数え切れないほどの新しいWebメディアやアプリケーション、そしてWebサービスが誕生しています。そしてこのような時代に沿って需要の高まっている職種が「Webデザイナー」です。

そして好きな時間、好きな場所で働くことができるフリーランスの職種としてもWebデザイナーは人気です。しかし未経験からWebデザイナーになることは可能なのでしょうか。

こちらの記事ではフリーランスのWebデザイナーになる方法、またフリーランスのWebデザイナーとして成功するコツなどを詳しく紹介します。

フリーランスWebデザイナーになるには

はじめに未経験からフリーランスのWebデザイナーになる方法3つを詳しく紹介します。

①: Webデザイナーのスクールに通う

まず今働いている職種がデザインなどと全く関わりがない人の場合、おすすめしたいのはスクールに通うことです。

しかし本業が忙しく、なかなか教室に通うことができない人もいます。そんな人におすすめしたいのはオンラインスクールを利用することです。最近では動画でデザインを学ぶことができる学習サイトもありますし、オンラインのプログラミングスクールにWebデザインのカリキュラムがあるスクールもあります。

Webデザインが学べるおすすめのオンラインスクールは「TECH ACADEMY」です。まずはWebデザイナーとしてのスキルを身につけるところから始めてみましょう。

②:クラウドソーシングで仕事を受注する

スクールに通ってみたり、独学である程度デザインの勉強ができたなら、仕事を受注することに挑戦しましょう。そして仕事を受注する時に利用をおすすめしたいのがクラウドソーシングサービスです。

クラウドワークス」や「Lancers(ランサーズ)」といったクラウドソーシングサイトでは、企業がお店がロゴデザインなどを募集しており、コンペ形式で自分のデザインを提案することができます。はじめはなかなか採用されないかもしれませんが、デザインのスキルを磨く勉強になります。

またWeb制作の仕事の募集などもされているので、副業から始めてみるのがおすすめです。

③:ポートフォリオサイトをつくりSNS発信をする

Webデザイナーとして活動を始めるなら、充実させたいのがポートフォリオサイトです。ポートフォリオサイトとは今まで自分が制作した成果物などを紹介するサイトです。

自分のポートフォリオサイトをしっかりと作成することで、発注する側の企業もそのWebデザイナーの得意分野、実力が分かります。なのでポートフォリオサイトをつくれば仕事を発注する側と受注する側のミスマッチを防ぐことができ、かつネット上に公開することで受注案件を増やすことができます。

またFacebookなどのプロフィール欄を充実させるなど、SNSに気を付けることも仕事に繋がりやすいです。自分のできる範囲で発信をしてみてください。

フリーランスWebデザイナーの仕事内容

つづいて気になるフリーランスWebデザイナーの仕事内容について詳しく紹介します。

Webデザイナーの仕事内容は、その職種の名前の通り、サイトのデザインやバナー、ロゴといったWebサイト全般のデザインをすることです。

そして同じWebデザイナーという職種でも、業務範囲は請け負う人や発注する企業で大きく変わってきます。Webサイトのデザインを決めるまでが業務である場合もありますし、HTML、CSSでコーディング業務を行い、JavaScriptなどを活用して動的なサイトをつくるまでが業務であることもあります。

またサイトのコンセプトや方向性などを発注する企業と一緒に考えることもWebデザイナーの仕事としてあります。依頼人の人が望んだWebサイトをつくるだけではなく、自分からより良いWebサイトのデザインを提案することも大切です。

どのようなサイトが使いやすいか、またどんなWebサイトがユーザーに喜んでもらえるかを日頃から考えまとめておくことがWebデザイナーにとっては大切なことです。

フリーランスWebデザイナーの将来性・需要

これからWebデザイナーを目指す人にとって、Webデザイナーの将来性、また需要はとても気になるところです。つづいてWebデザイナーの将来性について詳しく紹介します。

まずインターネットはこれからもどんどん普及率を上げ、成長することが見込まれます。なのでWebデザイナーの仕事が急になくなってしまう、ということは現状から見て考えづらいです。

しかし最近では簡単にWebサイトをつくることができるサービスが多くあり、またAI(人工知能)がWebデザインを作成してくれるサービスも生まれています。つまり今まではWebデザイナーの仕事であった分野も、Webデザイナーではない人、またAI(人工知能)などIT技術が参入しやすくなっているのです。

今後のIT業界の成長を考えるとすぐにWebデザイナーの仕事がなくなることは考えづらいです。しかし安定して仕事を受注できるフリーランスのWebデザイナーとしてやっていくには、常にプロだからこそできるスキル、また発想力や提案力が必要です。

フリーランスとして安定したWebデザイナーになるには、常に依頼人の人から求められているものを汲み取る力が大事です。

フリーランスWebデザイナーの平均年収・給与

つづいてフリーランスのWebデザイナーの平均年収・給与について詳しく紹介します。

同じフリーランスのWebデザイナーというくくりであっても、自由な働き方ができるフリーランスだからこそ年収は様々です。そのなかでも一番多いとされているのは300〜400万円代の人です。

継続的に受注している案件のある人であれば収入も安定しますが、Webデザイナーの場合単発の案件も多いです。またクラウドソーシングサイトのコンペなどに応募して収入を得ている人の場合、コンペに通らなければ収入は0になるので、なかなか安定した収入にはなりません。

またWebデザイナーの場合、受注する案件によって業務範囲が変動しやすいです。なので高単価の案件であっても業務量が一人ではこなすことができない量、なんてこともあります。

おすすめしたいのは、そんな時に相談することができるプログラマーや同じ職種であるWebデザイナーの人と繋がりを持っておくことです。一人ではこなしきれない案件がきた時も、相談する相手がいるだけでグッと業務を遂行させられる可能性が上がります。

また高単価案件の場合、やはり質の高いデザインが求められます。常に自分のデザインスキルを向上させるよう工夫しておきましょう。

フリーランスWebデザイナーの仕事の選び方・ポイント

つづいてフリーランスWebデザイナーの仕事の選び方、またポイントについて詳しく紹介します。

依頼された仕事は基本的に請ける

フリーランスWebデザイナーとして活動を始めたばかりの初期の段階では、基本的に依頼された仕事は単価の値段に関わらず受注することをおすすめします。なぜなら仕事を受注することでフリーランスWebデザイナーの働き方の仕組みが分かりますし、仕事としてのWebサイト制作の方法も学べます。

なので収入を気にせずに仕事を受注するためにも、副業からWebデザイナーのキャリアをスタートさせるのもおすすめです。本業で生活費を稼ぎながらWebデザイナーの仕事をこなせば、単価の低い仕事も受注できます。

まずはスキルアップや勉強を目的にして、仕事を受注してみてはいかがでしょうか。

スケジュール管理はしっかりと

フリーランスWebデザイナーとしてキャリアを積み、仕事の依頼が安定的にくるようになった時、気を付けてほしいのはスケジュール管理です。

依頼された全ての案件を請け負い、結果として納品予定日に提出できなかったものを出す、なんてミスを起こさないためにも、自分が1ヶ月どのくらい稼働できるのか、どのくらい案件をこなすことができるのかしっかり把握しておきましょう。

自分がこなせる量を超えた案件の依頼があった時、しっかり理由を伝えてお断りすることも大切です。

自分のスキルを客観的に把握する

仕事を依頼する人すべてがあなたのデザインスキル、能力を把握しているわけではありません。なので時にはできないスキル外の案件の依頼があったりします。

そしてそのようなミスマッチにもすぐに対処できるよう、普段から自分のスキルはしっかりと把握しておきましょう。現状自分は何ができて何ができないのか、定期的に確認することをおすすめします。

仕事を請ける際の注意点

最後にフリーランスWebデザイナーとして仕事を受注する時の注意点2つを紹介します。

仕事の内容・範囲は明確に

まず仕事の契約を結ぶ時、仕事内容と業務範囲で気になる点があった際は依頼人の人に必ず相談しましょう。曖昧なまま仕事を始めてしまうと、発注する側と受注する側、お互いにとって良くない結果に繋がりやすいです。

Webサイトのコーディングまで行うのか、また業務委託であれば委任契約なのか請負契約なのか、明確な納品日の確認など、気付いたことは契約を交わす前に確認することをおすすめします。

契約は書面で結ぶ

業務の契約を結ぶ時、なるべく契約書を作成するようにしましょう。なぜなら口約束だけで契約を結んでしまうと、のちのち問題が起きた時に対処がしづらくなってしまうからです。

フリーランスに成り立ての頃は契約書を作成することが大変かもしれません。しかし「無料テンプレートby freee」といったサイトを利用すれば契約書を無料でダウンロードできます。

契約を結ぶ時は、お互いが気持ちよく仕事をするためにも必ず契約書を作成しましょう。

まとめ

綺麗だったりおしゃれなWebサイトがつくれる、フリーランスWebデザイナーという仕事に憧れている人も多いのではないでしょうか。そして未経験からフリーランスWebデザイナーを目指すのであれば、まずは学習サイトに登録してみたり、参考になるWebサイトを覗いてみたりするのがおすすめです。

こちらの記事を参考にして、ぜひとも安定して活躍できるフリーランスWebデザイナーを目指してくださいね。

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング