フリーエンジニアノウハウ

COBOL案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件

世界のATMトランザクション処理のほぼ全て、業務アプリケーションの4分の3で稼働している言語。その言語は1959年に誕生し、生み出したのは女性でした。それがCOBOLです。

今回は、COBOLエンジニアのフリーランス案件トレンドについて紹介します。

なお、本記事はフリーランスのエンジニアに案件を紹介するサービス「ポテパンフリーランス」がお届けしています。

いますぐにSwift案件を探したい!今後、Swift案件に参画することを考えている!という方はお気軽に下記からお気軽に登録してください。すぐに、ポテパンフリーランスの担当エージェントからメールにてご連絡します。
無料登録はこちら


フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

COBOLとは

まずはCOBOLの概要について理解しておきましょう。

COBOLとは、会計処理や事務処理に適したプログラミング言語の一つ。1959年にアメリカで誕生し、当初は大型汎用機において、主に事務処理を行うために開発されました。

コンピュータ言語の中でも、英語に近い文法で記述されているのが特徴です。現在でも、長年使われている企業の会計システムなどで広く利用されています。

冒頭でお伝えした通り、このCOBOL開発を主導したのが女性プログラマ。その人が「COBOLの母」とも呼ばれるグレース・ホッパーです。

彼女は、プログラムのエラーをとる「デバッグ」という言葉の生みの親ともいわれています。開発当初の時代はインターネットがない時代です。ゆえに、弾道計算に代表される科学技術計算と給与計算に代表される事務処理が主な用途でした。

数千、数万人の従業員を擁する大企業の給与計算は何百人もの手作業でなされていた時代にシステムにより効率化を実現したことになります。

非常に歴史が長く基本設計の古い言語であるため、少々時代遅れの技術の代表として槍玉に挙げられることもありますが、現在でも標準規格の改定は続いており、また、政府や大企業の業務システムなどを中心に、数多くのCOBOLプログラムが開発・運用・保守され続けています。

COBOLの特徴とは

金融業務での記述力の高さ

COBOLの金融業務での記述力は定評があります。COBOLの持つ十進演算機能は金融分野では他言語には替えがたい力です。

固定桁数の十進変数間の切り捨て四則演算は、金融業務の基本です。Javaでも.NETでもこれは可能ですが、プログラミングは煩雑となる上に、ターゲットマシン向けに最適化されたオブジェクトコードで実行されるCOBOLと比較すると実行性能は低下します。

新たなテクノロジーとの親和性

現在、どのようなテクノロジーを構築基盤に採用したとしても、COBOLがまったく使えないということはありません。ここではコードの書き方の実際を取り上げます。

COBOLが主に活躍するのは未だにバッチ処理です。COBOLはオープン系システム構築におけるサーバサイドコンポーネントの中に活路を見出してもきました。

仮に基盤としてJava EEや.NETを選択しても、そこからCOBOLによるコンポーネントをサービスとして利用する方法は多々あります。これまでの記述の仕方によるCOBOLサブルーチンをそのままWebサービスとしてエクスポーズすることも可能です。

管理のしやすさ

スキルの高いハッカータイプのエンジニアにとってCOBOLは、決して魅力あるプログラミング言語ではないかもしれません。

しかし、大規模開発プロジェクトを率いる管理者から見るとCOBOLによる開発は安心感があります。

一般に、多くのエンジニアが関与する開発において、製造されるプログラムの品質のばらつきが少ないのがCOBOLだといわれています。

スーパーエンジニアが非常に高度なテクニックを駆使して極めて高速に実行されるコードを書く、というようなことはCOBOLではほとんどありえません。

リバースエンジニアリングを行うツールも市場に流通しており、管理者が生産性や品質に関する正確なデータを取得することができます。

基本的に静的な言語である

JavaやC#との最も大きな違いは、COBOLが徹底的にstaticな言語である点です。

基本的にCOBOLプログラムは、main()メソッドとstaticなメンバーのみを持っているJavaクラスといったところです。

プログラムのロード時にメモリ領域が静的に確保され、その上での演算を1つのプロセスに専念させることができます。このような実行形態は大量のバッチ処理を高速に実行するのに有利です。

現在では、COBOLもオブジェクト指向になっていて、クラスメソッドの定義や動的なインスタンス化ができるようになっています。また、C言語と同様にポインタ操作もできますので、動的なデータ構造を処理するプログラミングも可能となってはいます。

COBOLの求人案件トレンドとは

それではCOBOLの求人トレンドをみていきましょう。

企業を支える基幹システムの大半はCOBOLで開発されており、COBOLアプリケーションは重要なソフトウエア資産です。最近では、COBOLの実績や使い勝手が見直され、基幹システムをオープン系で再構築する際にも、開発言語としてCOBOLを選択するケースが増加しています。

COBOLは「Completely(完全に) Obsolete(時代遅れで) Boring(つまらない)」などと揶揄されることもありますが、今でも多くの企業の社内システムや金融機関のネットワークで活用されているのです。

例えば、世界のATMトランザクション処理のほぼすべて、業務アプリケーションの4分の3で稼働しているといいます。2千億行のコードが存在していて、1日ごとに数百行の新たなコードが生成されているのです。

このように、COBOLは、金額計算や事務処理開発などで活用されることが多く、求人案件では銀行や各種保険会社など金融業界でのエンジニア業務が多数です。

システム再構築や運用と監視、アプリケーション開発などが業務の中心といえるでしょう。その他、物流会社や汎用機系エンジニアなどの分野でも求められることがあります。
フリーエンジニアの案件探しならおまかせください

COBOL案件は年齢不問の募集が多い?

現在のCOBOLエンジニアは年齢的に40代以上の方が多くを占めます。
20代でCOBOLエンジニアという方を見つけるのは難しいくらいです。

そのため、プロジェクトとしては必然と年齢不問として募集となります。
ただ年齢不問とは言っても、70歳80歳の方が活躍しているかというとそうではありません。

あるとしても50代が限界という市場感になります。
60歳ほどまではフリーランスとしても見つかる可能性はあります。

年齢不問案件が多いと言っても限界はありますので、知っておくと良いかもしれません。

COBOL求人案件の単価相場は?

それではCOBOLのフリーランス案件の単価相場についてみていきましょう。

フリーエンジニアが受け取る報酬の相場は一般的にプログラマで「40~60万」、システムエンジニアで「60~80万」と言われています。もちろんスキルや時間によりますが、一般的にはCOBOLですとだいたいの相場は月50~60万です。

PHPやRubyなどの言語に比べると、単価相場は下がりますが、求人案件数はまだまだ多数ありますので、ぜひお仕事を探してみてください。

COBOLの最新案件情報<随時更新中>

COBOL案件一覧

COBOL案件に強いポテパンフリーランスの紹介

ポテパントップ

さて、いままでCOBOLのフリーランス案件についてお伝えしてきましたが、最後にポテパンフリーランスの紹介をさせてください。

ポテパンフリーランスは、フリーランスエンジニアに案件のご紹介をする、エージェントサービスです。常駐型案件を多く揃えて、安定した収入を得るお手伝いをすると共に、さまざまな特徴で多くのフリーエンジニアから利用されています。

エンジニアの独立を支える万全なサポート体制

一般的なエージェントでは、サービス利用者1人1人にプロのキャリアコンサルタントがつきます。ポテパンフリーランスではキャリアコンサルタントはもちろん、フリーランス初心者が陥りやすい税・保険関連の悩みまで徹底的にサポートします。

フリーランス案件を多数保有

ポテパンフリーランスでは業界屈指のネットワークを活かし、業界で最大規模のフリーランス案件情報を抱えています。その中から、あなたに最適なフリーランス案件を紹介します。

関東だけでなく大阪、名古屋案件もサポート

フリーエンジニア案件は関東に集まりがちではございますが、大阪、名古屋と案件数が徐々に増えてきております。
現在大阪や名古屋にお住いの方でも案件サポートができるよう案件の幅を広くしてお待ちしております。

案件参画後も続く継続的サポート

ポテパンフリーランスの大きな魅力の1つが継続したサポート体制。通常のエージェントであれば仕事が決まるまでをサポートし、別の仕事を探すのであればまた1から探し直すことになります。

その点、ポテパンフリーランスでは案件参画中からキャリアコンサルタントが定期的に連絡を取り合い、現状をしっかり把握。悩みがあれば改善に努めながら、次の案件探しをサポート。案件と案件の間のブランクを取り除けるよう努めています。

技術に明るいエージェント担当が案件探しをサポート

ポテパンフリーランスのエージェント担当は、自身がエンジニアです。そのため、技術に対して明るく、フリーランスエンジニアがお持ちのスキルや経験、それから今後のエンジニアとしてのキャリアまで、表面的な話ではなく、より深いところまで相談することができます。

「エージェントがまったく技術について明るくなくて、検討違いな案件を紹介される。。。」というのは、よく聞く悩みです。ポテパンフリーランスのエージェント担当には、そんな心配はご無用です。

■キャリアコーディネーターの紹介
宮崎大地
株式会社ポテパン代表取締役社長
過去5年間にわたり、数百名のフリーエンジニア様に案件紹介をしています。自身もエンジニアなので、技術についてもしっかり理解した上で、机上の空論にならないキャリアサポートをモットーとしています。

まとめ

COBOL案件のトレンド、特徴、単価相場について紹介してきました。

膨大なトランザクションを扱う金融業界で働いてみたい人や汎用機系エンジニアの方にはおすすめな言語です。

なお、最後になりましたが、本サイトを運営しているポテパンフリーランスは、フリーエンジニアのみなさんに案件を紹介するサービスとなります。

COBOLのフリーランス案件のサポート実績も豊富です。業界のプロに案件探しを手伝ってもらったり、お金の面ふくめ、独立の相談をされたい方は、ぜひ下記からお申し込みくださいませ。
無料登録はこちら

案件を検索したい方はこちら

フリーランスになる方法ガイドブックはこちら
■この記事と合わせて良く読まれている記事
■ポテパン人気記事ランキング