終了 確定申告って必要なの!? フリーランスの確定申告の仕方の案件・お仕事

~
Warning: number_format() expects parameter 1 to be double, string given in /home/aibosh/www/potepanfreelance/wp-content/themes/pote1/single.php on line 43
  /月
業務委託(常駐)
ボーダー
レベル感
ボーダー
勤務地
ボーダー
使用環境
ボーダー
仕事内容
フリーランスになったみなさんが、必ず迎えることになる、確定申告。
サラリーマンだったときは会社がやってくれていたことですが、フリーランスになったら、自分でしなければなりません。しかしほとんどの方は初めてなので、最初戸惑う方が多いかと思います。

今回は、確定申告の仕方を簡単に説明しようと思います。

1. 確定申告とは
2. ありがちなミス
3. 大切なこと

1. 確定申告とは
そもそも、確定申告とは何なのか、についてまず考えていきましょう。
みなさん、確定申告という言葉は聞いたことがあると思いますが、何のためにするものなのかご存知でしょうか?
確定申告は、国が会社や個人事業主から定められた税金を回収するために、企業に課している義務のようなものです。税金は、収益や所得、固定資産などにかかり、よって収益や所得や固定資産などを報告するものが、確定申告です。
義務なので、確定申告をしなかったら、もちろんペナルティがあります。ばれないから大丈夫でしょ、と思うかもしれませんが、実は税務署はいろんな方法であなたの所得や会社の収益に関する情報をキャッチアップすることができますので、ばれます。ばれてしまうと、ペナルティの対象となります。
では、どのようなペナルティがあるのか、見て行きましょう。

2. 様々なペナルティ
ペナルティにも、色々な種類があります。
まず、フリーランスの方で一番多い、無申告です。確定申告をしないことですね。納付すべき税額の15〜20%がペナルティとして課されます。
詳細:https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.html
次に多いのが、延滞税です。これは、確定申告の期限を超えてしまったときに、どれくらい過ぎてしまったかによって税額の5〜15%がペナルティとして課されます。
詳細:https://www.nta.go.jp/taxanswer/osirase/9205.html

延滞税と同じくらい多いのが、過少申告加算税です。これは、間違えて申告する金額が少なかった場合に、税額の10%前後のペナルティが課されます。
詳細:https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.html

最後に、最も重いペナルティが課される、脱税です。重加算税というペナルティが、税額の約35%も課され、状況によってはそれ以外の税も課されて結局、税額の50〜100%のペナルティとなることもあります。

3. 大切なこと
ここまで見てきて、確定申告について大切なことをもう一度抑えておくと、
・確定申告は必ずいく
・ごまかさずに書く
ということです。
当たり前ですが、無駄にペナルティをもらわないためにも、とても重要なことなので、もう一度最後に抑えておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
確定申告は難しいは面倒な印象があるかもしれませんが、仕方ないと割りきって、ちゃんとするようにしましょう。
ボーダー
必要スキル
ボーダー
作業開始日即日
精算条件

弊社からの業務委託案件には、稼働時間をもとに委託料を算出する契約があり、その場合、標準となる稼働時間(精算基準時間)の上限値・下限値を月毎に設定されているものがあります。
標準となる稼働時間が定められている場合、その契約上、標準となる委託料が定められており、稼働時間が上限値を超過した場合、反対に下限値を下回った場合には実際の作業時間に基づき、標準となる委託料から増額、減額されることになり、このような契約を精算のある契約と呼んでおります。

特徴

確定申告って必要なの!? フリーランスの確定申告の仕方をチェックした方はこんな案件にエントリーしてます

他の案件・仕事を見る

こちらから案件検索が可能です

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください
ポテパンフリーランスに登録すると、エンジニアの独立について熟知した コンサルタントによる案件紹介を受けることが可能です。