終了 フリーランスになったら知るべき、簡単節税対策!の案件・お仕事

~
Warning: number_format() expects parameter 1 to be double, string given in /home/aibosh/www/potepanfreelance/wp-content/themes/pote1/single.php on line 43
  /月
業務委託(常駐)
ボーダー
レベル感
ボーダー
勤務地
ボーダー
使用環境
ボーダー
仕事内容
自動的に所得税や保険などの金額引かれて給与としてもらえるサラリーマンと違い、フリーランスは自分で自分の会社の利益や自分の給与も決めなければなりません。
そして、その利益や給与に応じた税金が引かれることになりますが、実は様々な方法で無駄にならない費用を発生させることで、節税することができます。
その節税方法の中でもおすすめの方法が4つあります。
それは、次の4つです。




1. 青色申告(複式簿記)

2. 小規模企業共済

3. ふるさと納税

4. 青色専従者給与





それぞれについて、みていきましょう。


1. 青色申告(複式簿記)


確定申告する際、青色申告だと所得の控除が受けられます。
そして、青色申告でも単式簿記と複式簿記があるのですが、それぞれ控除額が異なり、単式簿記:10万円、複式簿記:65万円と、かなりの差があります。
つまり、複式簿記で青色申告をすると、65万円も所得控除がありますので、これはおさえておきましょう。
複式簿記の概要は以下を参考になさって下さい。
http://keiei.freee.co.jp/2014/11/25/aoiroshinkokunofukushikiboki/



2. 小規模企業共済


小規模企業共済に加入すると、廃業した際や解約した際に、掛け金が受け取れるもので、かつ全額所得控除ですので、オススメです。
掛け金は、1000円~70000円/月 で掛け続けることができます。1000円から掛けられるので、独立したらすぐ入るのがオススメです。
デメリットとしては、毎月支出が出てしまうということです。
ただ、毎月の掛け金の減額や増額の申請も簡単に行えますので、売上額に応じて変えていくのが良いでしょう。



3. ふるさと納税


ふるさと納税とは、日本各地の地方自治体に対して納められる税金のことで、掛け金が寄付金控除となって、所得控除となります。
ふるさと納税をするメリットは、納税した地方自治体の各地の名物や名産品などがもらえるという特典です。
あとは、人にもよりますが、ふるさと納税は地方貢献にもつながりますので、普通に税金を納めるよりも目的がはっきりしているので、納得感がありますね。
まとめると、同じ額の税金を納めるよりも、各地の名産品+自分の納得感のある納税ができる、という点で、オススメできます。



4. 青色専従者給与


青色専従者給与とは、妻や旦那、子どもに仕事を手伝ってもらい、その報酬として支払った給与が経費になる、というものです。
もちろん支払った親族には所得税がかかることになりますが、支払う給与は自分で設定ができるので、計算をして給与額を設定すれば、かなり効果のある節税になります。




いかがでしたでしょうか。
フリーランスになると、急に自分で税金のことやら、確定申告やらで大変ですが、逆に考えると、納める税金額も上記の方法でコントロールできるようになるので、ぜひ試してみて下さい。
ボーダー
必要スキル
ボーダー
作業開始日即日
精算条件

弊社からの業務委託案件には、稼働時間をもとに委託料を算出する契約があり、その場合、標準となる稼働時間(精算基準時間)の上限値・下限値を月毎に設定されているものがあります。
標準となる稼働時間が定められている場合、その契約上、標準となる委託料が定められており、稼働時間が上限値を超過した場合、反対に下限値を下回った場合には実際の作業時間に基づき、標準となる委託料から増額、減額されることになり、このような契約を精算のある契約と呼んでおります。

特徴

フリーランスになったら知るべき、簡単節税対策!をチェックした方はこんな案件にエントリーしてます

他の案件・仕事を見る

こちらから案件検索が可能です

フリーエンジニアの案件探しならおまかせください
ポテパンフリーランスに登録すると、エンジニアの独立について熟知した コンサルタントによる案件紹介を受けることが可能です。